【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:第三Soyamaru)

TSURINEWS編集部

船釣り

熊本県:大将丸

熊本県熊本市西区の熊本新港から出船中の大将丸は、熊本沖にタチウオ釣りで出船中。夜焚きイカは終了するが、台風明けより、タチウオ出船再開。日により数にムラあるが、ドラゴンサイズが多く釣れており、好土産が期待できる。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」ドラゴンサイズが数多く浮上(提供:大将丸)

熊本県:海人丸

8月27日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は、タチウオ釣りに出船。数にムラはあるがドラゴン交え順調に釣れた。テンヤ、ジグともに好調。写真は御年80歳の永尾さん。F6サイズ頭に9尾を見事仕留めた。キス釣りも出船中(1時間1000円~)。タコ釣りは終了。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」良型を見事仕留めた(提供:海人丸)

熊本県:共栄丸

8月27日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、島原沖にテンヤ、タイラバで出船。ご覧の大ダイ70cm超え、7.3kgが釣れた。数こそ伸びなかったが良型も順調に釣れた。キス数釣りも楽しみだ。タチウオは様子を見て出船。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」大ダイ70cm超え(提供:共栄丸)

大分県:松風

8月27日、大分県佐伯市・佐伯港から案内している松風が大分沖の夜焚きケンサキイカ釣りに出船すると、船長も驚くほどの良型~パラソルのラッシュが続き、胴突きで釣る人150尾超えと圧巻の好釣果。連日、型数ともに揃って絶好調の同船、釣行するなら今がチャンス。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」良型交じりでラッシュ(提供:松風)

大分県:みくに丸

8月26日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が大分沖の夜焚きケンサキイカ釣りに出船すると、パラソル級交じりで1人50~60尾をキープした。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」パラソル級交じりでキャッチ(提供:みくに丸)

大分県:照陽

8月25日、大分県大分市・西細港の照陽が大分沖のタチウオ釣りに出船すると、前半は二枚潮で釣りづらかったようだが、アタリをとらえれば指7本のドラゴンも浮上するなど盛り上がった。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」指7本も浮上(提供:照陽)

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第二Soyamaru

8月23日、大分県杵築市・納屋港の第二Soyamaruが夜焚きイカ便で大分沖に出船すると、好シーズン中とあって良型ケンサキイカがダブル・トリプルでヒットするなど絶好調。うれしいパラソル級も交じり、手返し良く釣った人は100尾超えの好釣果を得ている。今後も型数ともに期待大。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」手返し良く100尾超え(提供:第二Soyamaru)

第三Soyamaru

8月28日、大分県杵築・納屋港の第三Soyamaruが大分沖のタチウオ釣りに出船すると、潮があまり良くない状況ながらもテンヤで狙ったメンバーらは、指7本のドラゴン筆頭に釣る人10尾をキープ。船長は「これからさらにいい釣果が期待できます」と話している。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 タチウオ釣りで指7本級頭に「つ抜け」ドラゴンキープ(提供:第三Soyamaru)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年9月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。