静岡・興津川でのアユトモ釣りで19cm頭に42尾 型はやや小ぶりか

静岡・興津川でのアユトモ釣りで19cm頭に42尾 型はやや小ぶりか

8月7日(日)、前日の韮崎から国道52号線を南下し、静岡県静岡市清水区を流れる興津川へ。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

興津川でトモ釣り

7時に到着し、中流域のオトリ店で入漁券とオトリを購入後、しばし雑談。数、型ともに上流がいいとのことなので、上流の土村に入った。しかし、すでにキャンプ場上流には3人、前には1人が入っている。そこで、キャンプ場前から釣り下る。当日の天気は晴れで気温が26度。水温は20.5度、平水で濁りなし、アカ付き良好。

静岡・興津川でのアユトモ釣りで19cm頭に42尾 型はやや小ぶりか土村キャンプ場前の流れ(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

厄介なのが、前日からキャンプをしている人の川遊び。朝から至る所で川遊びが始まっている。釣りも川遊びの1つなので、どちらが優先とは言えないが……。このような土地柄であることは周知の事実だが、盛期に1度は訪れたいのが同川なのだ。

それでも、川遊びしにくい流れはある。瀬肩でポツポツ、瀬でポツポツ。川遊びを嫌って竿抜けになっていたようで、入れ掛かりはないが拾い釣り程度に釣れる。

「10時」を境にプチ入れ掛かり

次に上流の片瀬に入る。アユ釣りの最上流域に当たり、9mの竿では釣りづらい場所もある。コンクリートの豆腐石が並ぶ川底だが、ちょっとした流れの変化にオトリを入れると16~18cmが追ってくる。ここでもポツポツの釣果。サイズは18~19cmと良型揃い。ただ、納得できるペースではない。ひと通り竿を入れると、アタリがなくなってしまった。

そこで、大網に移動。人気ポイントの1つで厳しいかと思ったが、入川してすぐにパタパタとプチ入れ掛かり。時計を見ると10時すぎ。どこの河川でも同じだが、10時を過ぎて水温が上昇すると、釣りのペースが一変することがよくある。

爆釣を期待したが、入れ掛かりは4連釣で終了。このころになると、川は釣り人で満員御礼。足で稼ぐにも入川場所が見当たらない。

川遊びに苦戦しつつ数を伸ばす

そこで、茂野島に移動して昼食を取ったあと、釣り人が昼食で上がったのを見て入川、瀬を探る。ここでも、プチ入れ掛かりが2度。16~18cmとサイズは小さいが、場所に当たればバタバタと釣れる。

静岡・興津川でのアユトモ釣りで19cm頭に42尾 型はやや小ぶりかアタればバタバタ釣れる(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

川に入れば、黒い影が右往左往しているので魚影は濃いのだが、思ったように釣れない。遅れて遡上してきた天然物のようで、群れアユばかりで追いがないようだ。また、ここでも釣りの隣で川遊び。野アユも落ち着かないのだろう。浅場で巴戦をしているが、物音を立てるとすぐにいなくなってしまう。

次のページで最終釣果は40尾超え!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。