静岡の船タチウオ釣りで良型中心20匹 水中ライトとタコベイトが奏功?

静岡の船タチウオ釣りで良型中心20匹 水中ライトとタコベイトが奏功?

連日猛暑のなか、8月10日は静岡県は福田港へ大好きな船タチウオ釣りに行ってきた。仕掛けセレクトが的中したか、連発となった模様をお届け。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

船でタチウオ釣り

午前9時の集合時間の1時間前に到着。アルコール消毒をして乗船名簿に記入、道具を積み込んだ時点で汗びっしょりだ。当日は5人の乗合で、2人はいつもご一緒しているメンバー。釣れていないためかキャンセルが1人いたようだ。考え方は人それぞれだが、こんなキャンセルはないだろうと思った。

サオ入れの午前10時に合わせて天竜沖へと向かう。汗まみれのシャツにそよ風が気持ちいい。

私のタックルは、2mのタチウオ専用ロッド、小型電動リールにPEライン2号、L型テンビン、オモリ120号、水中ライト、仕掛けは18号バリ2本の3m、水中ライトは17cmをネットで購入。市販品より若干長く、3カ所点灯点滅する。この長さが効果抜群だと思う。

静岡の船タチウオ釣りで良型中心20匹 水中ライトとタコベイトが奏功?3点式の水中ライト17cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

ハリに付けるタコベイトは、先回ご一緒したHさんに作ってもらったオレンジグローで、良い結果が出ている。

早々にヒットもバラし

午前10時になり、誰が船中一番に釣り上げるだろうか。毎回「俺が一番に釣ってやる」と意気込んでいるが、果たしてどうなったのか。

「水深80m、70~60mにパラパラあるよ」と船長の声。着底後イトフケを取り、リールのカウンターと探検丸の水深を比較して大体合っていることを確認し、仕掛け分の3m巻き上げる。巻き速度はちょっと速い。

静岡の船タチウオ釣りで良型中心20匹 水中ライトとタコベイトが奏功?天竜沖には僚船の姿も(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

小さいシャクリを入れるとかすかなアタリ。カウンターを見ると65m。あたふたすることなくシャクっていると一瞬ロッドの先が入る。すかさずアワせるとハリ掛かりしたようだ。「今日は俺が一番か」と薄笑い。写真を撮るため船長が来るが、巻き上げ途中で外れた。ガックリ。食いが浅かったのか。

食い良好で数を伸ばす

急いでエサを付け直して再び底から探る。同じタナでアタってくることは分かっていたが、予想に反して意外にも底でアタりだした。意表を突かれたが、即座に巻き速度を4に落として対応。ハリまで食ってロッドを押さえ込んだ。すかさず大きなアワセを2回入れ、無事船中に取り込み、船長のスマホに収まった。そして自分でも1枚。

残念ながら今回も船中3番目。アタってからハリ掛かりまで意外と早かったので、食いっぷりはいいのではないか。

静岡の船タチウオ釣りで良型中心20匹 水中ライトとタコベイトが奏功?良型をゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

実は朝船に乗ったとき、3人で目標を話し合った。最近は全く釣れていないので私は謙虚に5匹と言ったが、この目標は完全に頭から消えていた。この調子でいくと数釣れる。ボチボチながら釣れ続いて余裕が出てきた。タコベイトは毎回形やカラーを変えて使っているが、今回は作ってもらったオレンジだけを最後まで使い通した。

次のページで予想を超えた最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。