大阪泉南の波止での投げ釣りで22.5cm頭キス14匹 カケアガリで好反応

大阪泉南の波止での投げ釣りで22.5cm頭キス14匹 カケアガリで好反応

7月の下旬になり、大阪府の泉南でのキス釣りは盛期に入っている。そこで、泉南の谷川港に7月24日に釣行した。早朝の波止で投げ釣りを楽しみ、11~22.5cmのキスを14匹キープした釣りの模様をリポートする。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 投釣り

谷川港でキス投げ釣り

谷川港の西側の波止(豊国崎の波止)の近くにあるの駐車場に到着したのが、午前5時すぎ。もうすっかり夜は明けていた。久しぶりに熱帯夜から解放されて、涼しい朝になっている。風も弱く快晴で、絶好の釣日和になりそうだ。さっそく釣道具を持って西側の波止の先端部まで歩いて行く。

この時間は港内の船着き場から船が多く出船している。波止の先端から落合川向きはシモリの少ない砂底になっていて、キスの引き釣りができる。15号のKAISO天秤を用意し、キスバリ7号の2本バリ仕掛けをセット。エサのイシゴカイをハリ一杯に付け、落合川向きの40mほど沖合いに投入し、ゆっくりと引き釣りをする。

大阪泉南の波止での投げ釣りで22.5cm頭キス14匹 カケアガリで好反応釣り場風景(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

引き釣りでキス連打

すると、すぐに、ブルブルッとキス特有の明確な当たりがあり、18cmのキスをキャッチ。漁船が出船していないタイミングを見て投入し、ゆっくりと引き釣りをすると、またブルッとアタリがあり、15cmのキスをキャッチ。

次投も落合川向きに投入すると、ゴンゴンと強いアタリがあり、サオ先を送るとスーツと持っていく。動きが止まってから、巻きアワセで寄せてくると、グッグッと心地のいい引きが伝わる。引きを味わいながら寄せてくると、いい型のキスと小さなキスがダブルで海面に浮上した。ゆっくりと抜き上げてキャッチしたのが、丸々と太った22.5cmと12cmのキス。これは親子のキスに見えた。

大阪泉南の波止での投げ釣りで22.5cm頭キス14匹 カケアガリで好反応大小ダブルでキャッチ(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

ミオ筋のカケアガリで好反応

その後、投点をかえながら探ってくると、単発ながらキスが釣れてくる。遠方でアタリがない時は、手前まで探ってくるとブルッとアタリがあり、小型のキスとマッチ箱サイズのチャリコが釣れてきた。漁船の通るミオ筋が深くなっていて、そこからのカケアガリを探るといいアタリがあった。

アタリがあってもハリ掛かりしない時があったので、ピンギスやエサ取りが多いようだ。1投ごとに何かのアタリはあるので退屈はしないのだが、エサの消耗が激しい。

大阪泉南の波止での投げ釣りで22.5cm頭キス14匹 カケアガリで好反応チャリコとダブルで(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

港内でも小型ポツポツ

7時をすぎ、漁船の出入りは少なくなったが、日差しが強くなってきて、キスのアタリは少なくなった。かわりにマッチ箱サイズのチャリコや、ハゼがよく掛かるようになってきた。

沖合いではキスのアタリが少なくなったので、港内向きの砂底を探ってみるとブルッとアタリがあり10cmのキスが釣れてきたが、小型なのでリリースした。やはり、港内にも小型ながらキスが入っていた。

大阪泉南の波止での投げ釣りで22.5cm頭キス14匹 カケアガリで好反応港内でも本命登場(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。