伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「マッシュで大型を狙う」。今回は素朴な疑問でもある、なぜマッシュなのか。両ダンゴじゃだめなの?

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

両ダンゴではダメ?

そもそもなんですが、なぜ大型狙いだとエサがマッシュポテト主体になるのですか?両ダンゴとか角麩セットとかではダメなんですか?

伊藤 さとし

「ダメじゃないよ。マッシュが苦手なら、そういうエサでやればいい。ただ統計的に両ダンゴとかセット釣りでは、釣れるサイズが小さくなりがちなのは間違いない。まあ、まれにセットで50cmとか釣れてしまうけど、それはたまたま。あとは集魚材に引き寄せられて余計な魚が多くなる」

 

確かに両ダンゴなど集魚成分を含んだエサを打つと亀山・片倉のケースではワタカやブルーギルが多くはなりますよね。でもマッシュエサだって少なからずジャミは釣れる。でも本命もしくはそれに準じたサイズの魚が寄ってくれば、ウキの動きは静かになります。であれば結局のところ両ダンゴでも同じなんじゃないかなって?

伊藤 さとし

「ずいぶんとイジめてくれるね(笑)。では聞くけど両ダンゴでやりたいの?」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第2回】エサの一例(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

いや、そうじゃなくて両ダンゴでも釣れるんじゃないかなって。

伊藤 さとし

「そうだよ。両ダンゴでも釣れるよ。誰も釣れないなんて言ってない。ただメリットデメリットを比較した場合、マッシュ系エサのほうが総合的に見て大型狙いに適しているってことだよね」

 

ジャミ対策に

なるほど。適しているですか。うまい表現ですね(笑)。ではどこがどう適しているか具体的に教えてもらえますか?

伊藤 さとし

「まずはジャミ対策だよね。あえて集魚成分ゼロもしくは少なめを使うことでジャミアタリを極力減らす。ゼロにすることは不可能だけど、集魚材ありのエサと比較したらジャミアタリを減らすことは可能だよ」

 

でも、でもですよ。ヘラは寄せてナンボの世界ってよく言いますよね。それにヘラが寄ればジャミアタリは消える(厳密にはジャミがいなくなったわけではない)とも言います。であれば集魚成分を有したほうがより早くヘラも寄るのではないですか?

伊藤 さとし

「ヘラだけかな?」

 

あっ、そうか!マブナやコイもいましたね!

伊藤 さとし

「そこなんだよ。何もエサに寄ってくる大きめの魚がヘラだけってことはあり得ないでしょ。あくまでヘラを釣りに来たんだから、できればマブナやコイなどの大型ゲストは寄らないでいただきたいからね」

 

大バリで釣り分ける

臭いエサにコイやマブナは反応がいいでしょうからね。なるほど、そこは理解できました。でもこれだけではまだ、ヘラってだけで大型狙いに結び付いていませんよ。

伊藤 さとし

「そうくると思ったよ(笑)。じゃあ聞くけどマッシュ系エサで普通のハリを使うかな?」

 

あまり使わないでしょうね。一部、10号前後のハリを使う人も見かけますが、多くのケースでは15号以上とか、なかには特注の20号以上なんて大バリを使う人もいます。だって小バリだとエサを持たせるのにマッシュ系エサでは苦労してしまいますから。

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第2回】サイト18号が伊藤の標準サイズ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「だよね。エサが持たせづらい。とくに超軟タッチだとね。でもそれはエサに対しての対応であって、実は大バリを使うことによってヘラのサイズを釣り分けてもいるんだよね」

 

釣り分ける?そんなことが可能ですか?

伊藤 さとし

「考えてもみてよ。たとえば尺クラスと尺半では口の大きさが明らかに異なるよね。そして小エサほど食べやすい。だから数で勝る尺クラスが大型よりも先にエサにアタックしてくる。さらにアタってアワせない釣り人はまずいないんだから、そこで尺クラスが釣れるかカラツンを出す。すると近くにせっかく寄ってきた大型が驚いて逃げてしまう。まあ小バリ不利の理屈をあえて挙げるとすればこうでしょう」

 

それが大バリ&大きなエサであれば『こんな大きなエサはボクには食べられない』となって『だったらオレに食わせろ』と、大型が尺クラスのスペースを割って食べにくるかもしれない。その可能性を上げるための大バリ&大エサなんですね?

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第2回】大バリに適したウキ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「そういうこと。あとは気持ちの問題かな。小さいエサと大きいエサを打つなら、後者のほうが何となく大型が食ってきそうな予感がする。気持ちの入り方も違ってくるしね(笑)」

 

次回も「マッシュポテトで大型狙い」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
亀山湖
取材協力:亀山水産センター TEL=0439(39)2974
この記事は『週刊へらニュース』2022年8月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。