陸っぱりルアーカマスゲームで26cm頭に7匹 早朝の時合いに回遊あり

陸っぱりルアーカマスゲームで26cm頭に7匹 早朝の時合いに回遊あり

7月の下旬になり、紀北の雑賀崎漁港では、夏の風物詩のカマスが釣れはじめた。まだ、群れは小さく、日ムラがあるが、アベレージサイズは25cmほどで、30cm近い良型が混じって来る。釣って楽しい、食べて美味しいカマスをルアーで狙おうと思い、7月31日に釣行してみた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

Avatar photo
谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

ソルトルアー ショア

雑賀崎漁港でルアー釣り

当日、紀北の雑賀崎漁港には午前3時すぎに到着した。朝からかなり蒸し暑いが、上空には星空が輝き風も無風なので、絶好の釣り日和となりそうだ。

潮は大潮で、もうすぐ満潮を迎える。雑ケ崎漁港の白灯波止の先端部が空いていたので、そこにエントリー。夜明けころのカマスの時合いまではまだ時間がある。夜間はタチウオの回遊があるかもと思い、ジグヘッド+ワームで狙ってみた。

陸っぱりルアーカマスゲームで26cm頭に7匹 早朝の時合いに回遊あり雑賀崎漁港の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

夜明け前はタチウオ狙い

16gのジグヘッドに、3.5inchのシヤッドテールのピンクをセット。ジグヘッドの上にケミホタルを装着し、できるだけ遠くに投入。ボトムを取ってから、ゆっくりと、スローワインドでシャクり始める。

しばらく投入を繰り返し、ボトムから表層まで探るが反応がない。夜明け前となり、タチウオの回遊はなさそうなので、本命のカマス狙いに変更。ジグヘッド+ワームで狙ってみた。

カマス狙いに転戦

5gのジグヘッドに、パワーシヤッド3inch(ピンク)の頭をカットしてから装着。カマスはマヅメ時には表層から中層を回遊するので、引きながらトゥイッチをいれる誘いをかけて、表層から中層を探ってくる。

午前4時30分をすぎ、夜が明けてきた。この頃になると、カマスの回遊が始まるのだが、ルアーには反応がない。港内側の数人のルアーマンにも反応がなさそうだ。

陸っぱりルアーカマスゲームで26cm頭に7匹 早朝の時合いに回遊ありカマス狙いのルアー(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

諦めかけた5時ごろ本命登場

とうとう5時前に完全に夜が明け、今日は回遊がないのかと諦め半分になっていると、港内側のルアーマンが25cmほどのカマスを釣り上げている。やっと回遊が始まったかと思い、気合いを入れてシャクッていると、表層でガッーンとバイト。アワセを入れて寄せにかかると、右に左に走りまわる引きが心地いい。引きを味わいながらキャッチしたのが、26cmの良型カマス。

気をよくして投入すると、また表層でガッーンとバイトしたが、すぐに軽くなりフックアウト。諦めずにまたシャクリ始めると、またガッーンとバイト。今度はうまくハリ掛かりし、25cmのカマスをキャッチ。カマスは貧欲で、バラしてもルアーを追ってくる。

陸っぱりルアーカマスゲームで26cm頭に7匹 早朝の時合いに回遊あり5時ごろから時合いに突入(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページは時合いに突入で入れ掛かり!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。