千葉の堤防でのちょい投げ釣りでキス13尾 孫含めた3世代で満喫

千葉の堤防でのちょい投げ釣りでキス13尾 孫含めた3世代で満喫

千葉県南房総市の高崎漁港の堤防へ、息子と小学2年生の孫の3人でシロギス狙いで釣行した。堤防の手前の浅場狙いが的中し、孫も20cm本命シロギス含め2尾を手中、全体では13尾の釣果となった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・山野正義)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

堤防投げキス釣り

7月18日(月・祝)、息子と小学2年生の孫の3人で、千葉県南房総市の岩井富浦漁業協同組合岩井支部の裏側にある高崎漁港の堤防でシロギスを狙った。

6時ごろ到着すると、堤防の中央から先端側にズラリと釣り人が並んでいる。息子は「キスは浅場のほうが釣れる」と言うので、誰もいない堤防の手前に入る。

エギロッドに2500番のリールをセット。天ビンに6号のオモリを付け、6号の2本バリ。エサはジャリメで、約50m先にキャスト。オモリ着底を確認するが、水深は浅く5m前後か?

あまり速い誘いは逆効果になると息子から聞いていたので、20秒に1回くらい穂先をゆっくり煽りながらアタリを待つ。キスがいればすぐアタリが出ると聞いていたが、まったく気配がない。

20mほど探ってから仕掛けを回収しようと思った時、コツコツと明確なアタリ。慌ててアワせたが空振り。ハリを見ると下バリのエサが取られている。フグもかなりいると聞いていたがキスのアタリに間違いない感じ。

孫に20cm本命シロギス

その後、息子にもアタリが出たが空振り。それを見ていた孫が「ボクもアタリが出たよとリールを巻くが、息子が遠投して竿を持たせているのでなかなか回収できない。途中で休憩していると穂先がプルプル揺れる。再び巻き始め、20cm本命を釣り上げた。

千葉の堤防でのちょい投げ釣りでキス13尾 孫含めた3世代で満喫孫に20cmシロギス(提供:週刊つりニュース関東版 東京・山野正義)

「やっぱりボクがいちばん釣りはうまい」と大喜び。これで釣が好きになってくれると嬉しいのだが。本人はゲームの釣りは好きだけと、本当の釣りは好きではないと言う。

21cm良型をキャッチ

その後、アタリは出ないが、仕掛けを回収するたびにエサの先だけ食われている。ここでジャリメを小さくハリ付けしタラシを3mm程度にする。

この対応がよかったのか明確なアタリが出て18cmが釣れる。この時に息子にもアタリがあり、21cm本命をキャッチ。フグが数尾続いた後、20cm級キスが釣れるとアタリがピタリと止まった。

千葉の堤防でのちょい投げ釣りでキス13尾 孫含めた3世代で満喫良型が釣れた(提供:週刊つりニュース関東版 東京・山野正義)

次のページで時合い突入でキス連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。