金洲のタイラバ&ジギング釣行でマダイにブリ 大物釣りのメッカを堪能

金洲のタイラバ&ジギング釣行でマダイにブリ 大物釣りのメッカを堪能

静岡県にある御前崎の南南東20海里に位置する金洲は、大型のハタ類やカンパチが生息し、カツオやキメジなども回遊する豊かなフィールドだ。今夏もカツオの群れが入り、良い型のホウキハタやマハタ、マダイもキャッチされている。7月8日、静岡県の御前崎港から出船している第15増福丸に乗り、同海域のジギングとタイラバの様子を追った。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

近海ジギングで11kgカンパチも

御前崎沖の魅力は金洲やマリンロボだけではない。第15増福丸では7月14日、御前崎の近海水深40mの瀬周りをジギング攻めたところビッグワンに遭遇。11.5kgのカンパチがキャッチされた。

当海域では10~20kgを超えるサイズとの出会いは年に何度かあり、過去には40kgを超える超大型もジギングでキャッチされている。身近な海で夢を追える。御前崎はそんなフィールドだ。

金洲のタイラバ&ジギング釣行でマダイにブリ 大物釣りのメッカを堪能14日に上がった見事なカンパチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

▼この釣船について
第15増福丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。