解禁直後の片貝エリア船ヒラメ釣行で船中トップ4尾 最大は3.5kg

解禁直後の片貝エリア船ヒラメ釣行で船中トップ4尾 最大は3.5kg

片貝でファン待望のヒラメが7月1日解禁を迎えたので、早速、増栄丸で釣行してきた。船中トリプルヒットするなど、ヒラメの活性高く、筆者に至っては3.5kgをゲット。絵に描いたような有終の美を飾り、大満足な一日となった釣行をレポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

有終の美を飾る3.5kg

「おっこれはいい型だ」との声にミヨシを見ると、またも斉藤さんが2kg超えの良型を追釣し「もうこれで充分」と満ち足りた表情を見せる。

解禁直後の片貝エリア船ヒラメ釣行で船中トップ4尾 最大は3.5kg斉藤さんはサイズアップ(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

やがて10時30分が迫り「はい、この流しで上がります」との船長のアナウンスに置き竿にして周囲を片づけていると、グッグィンと竿先が弾け出した。そのうちグィーンと穂先が一気に海面に接するところまで引き込まれた。あわてて竿をホルダーから外し、大きくあおるとズシッと確かな手応え。すぐに竿尻を腹にあて巻き上げにかかる。魚が反転すると、ドラグが働き、ズルズルとミチイトが滑りだす。時間をかけ、手巻きでゆっくりと巻き続ける。やがて目を見張るほどのヒラメがゆったりと浮上。

仲乗りさんが構えてくれたタモへ頭から誘導し、無事に滑りこませた。さっそく測定してもらうと3.5kg。絵に描いたような有終の美を飾り、大満足な一日となった。

最終釣果

船中の釣果は0.5~3.5kgヒラメ0~4尾で竿頭は斉藤さん。ゲストはマトウダイ、ソイ、カサゴなど。

同沖のヒラメは、これから次第に解禁エリアが広がっていくので、大いに有望。海上は陸に比べてかなり涼しいが、念のため熱中症対策は万全にしてヒラメ釣りを楽しんでいただきたい。

<週刊つりニュース関東版APC・大村隆/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
増栄丸
出船場所:片貝港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年7月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。