東京湾の船マゴチ釣りでトップ8尾 サオ頭は「ハゼエサ」を使用

東京湾の船マゴチ釣りでトップ8尾 サオ頭は「ハゼエサ」を使用

6月28日(火)、東京湾鶴見潮見橋の新明丸に乗船。「照りゴチ」とも呼ばれる夏マゴチを取材した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ルアーはカラーローテして攻める

10時を過ぎるとアタリが減り、ジリジリとした日差しのなか辛抱の時間が訪れる。たまにあるアタリもうまくハリ掛かりせず、「あぁっ」という悲痛な叫びとともに水中に戻っていく本命の姿も。

均衡を破ったのは、ミヨシで竿を出していたこの日唯一のルアーマン・福井さん(多摩市)。サメの邪魔や水面バラシを乗り越え40cmオーバーを見事ゲットした。

東京湾の船マゴチ釣りでトップ8尾 サオ頭は「ハゼエサ」を使用ルアーで良型手中(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

ルアーマゴチでは、ボトムワインドが基本となり、なるべく遠くへキャストしたらひたすらネチネチと底を攻めていく。

東京湾の船マゴチ釣りでトップ8尾 サオ頭は「ハゼエサ」を使用カラーでアタリは明確に分かれる(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

福井さんはその日によって30~50gのジグヘッドを使い分け、ワームも状況に応じてオレンジや渋めのカラーをチョイス。この日は薄茶色の渋めがラッキーカラーだったようだ。

駆け引きを楽しむ

その後右舷トモの袖岡さん(立川市)にも本命が。「マゴチは食べるより釣るのが楽しいです」と言いながらニコニコとリリースする。

東京湾の船マゴチ釣りでトップ8尾 サオ頭は「ハゼエサ」を使用キャッチ&リリースで楽しむ(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

昼すぎ、待望の良型をゲットしたのは織江さん。アタリ自体はずっとあったが、なかなか掛けられずにいただけに、駆け引きを制し本命を手にすると笑顔が弾けた。

東京湾の船マゴチ釣りでトップ8尾 サオ頭は「ハゼエサ」を使用待望の本命に笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

13時半、船は近場へ戻り東扇島公園近くや鶴見つばさ橋周辺のポイントを攻めるが、アタリは少なかった。福井さんが追釣し、15時すぎまで粘って沖上がりとなった。

マゴチは最盛期に突入

この日の釣果は、0~8尾で竿頭はハゼエサの山田さん。次が5尾で窪田さんと中沢さん、ルアー釣りの福井さんは3尾だった。

梅雨が明け、東京湾ではマゴチの最盛期を迎える。真夏には水深3mの超浅瀬での駆け引きを目で楽しめる。ハリ掛かりさせるまでのドキドキ感、アワセがガッツリ決まって弧を描く竿とマゴチの強烈な引き。江戸前高級魚との駆け引きが今熱い。

<週刊つりニュース関東版 江藤沙織/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
新明丸
出船場所:鶴見橋
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年7月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。