【2022年】盛夏のアユトモ釣り攻略 狙う時間帯とポイント別の釣り方

【2022年】盛夏のアユトモ釣り攻略 狙う時間帯とポイント別の釣り方

2022年のアユのトモ釣りシーズンが開幕。和歌山県では5月1日に解禁した河川もあり、6月中には中部河川ではほぼ解禁され、熱くて暑い盛夏のトモ釣りシーズン突入だ。そこで今回は盛夏のハイシーズンのトモ釣りでいかに野アユを掛けていくか、より数を釣るにはどうしたら良いかを、私なりに解説させていただきたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 武田英敏)

TSURINEWS編集部

船釣り

盛夏のトモ釣り

初期のトモ釣りは解禁したばかりでアユ、川がまだ出来上がっていない反面、瀬では元気なアユがいたら飛びついてきて簡単に釣れる。しかし日に日に釣り荒れが進み、誰もが狙えオトリが簡単に入るポイントでは、増水後やたまたま数日釣り人が入川しなかった以外は難しい展開になる。

【2022年】盛夏のアユトモ釣り攻略 狙う時間帯とポイント別の釣り方トモ釣りはこれからハイシーズンへ(提供:週刊つりニュース中部版 武田英敏)

しかし、6月後半になるとアユも成長し、20cm前後の型が多くなる。アユを扱うにもちょうど良いサイズで、そこそこ馬力があり泳ぎも良く、中級者の釣り人にとっては最高に楽しめるシーズンだ。

盛夏のハイシーズンのトモ釣りでいかに野アユを掛けていくか、より数を釣るにはどうしたら良いかを、私なりに解説させていただきたい。

サオ

近年各メーカーからたくさんのサオが発売され、どのサオを購入すればいいか悩んでしまう。しかし選択のポイントは、1シーズンで一番入川するホームグラウンドに照準を合わせることだ。

アユ釣り道具が豊富な釣具店でアユ釣り担当の店員さんに相談し、サオや道具を実際に手に取って、希望金額内で見積もりを出してもらうのが最も確実で後悔することがない。高い買い物だけに慎重に検討したい。

【2022年】盛夏のアユトモ釣り攻略 狙う時間帯とポイント別の釣り方銀影競技スペシャルT85(提供:週刊つりニュース中部版 武田英敏)

私のサオは2021モデルの銀影競技スペシャルT85。コンセプトはオトリをハイレスポンスに動かし、狙った筋を瞬時に通し自在に止めて、掛かれば即座に引き抜く。このTの特性を徹底的に追及し、パワーとスピードを突き詰め磨き上げた新生スペシャルTだ。

そして自重が203gとめちゃくちゃ軽く、8.5mなので、私がホームグラウンドとする三重県・宮川上流、大内山川では1シーズンストレスなく使用できるサオだ。

次のページで水中イト&ハリについて解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。