シーズン後半のイサキSLJ釣行で本命7匹 渋い日はブレードが効果あり

シーズン後半のイサキSLJ釣行で本命7匹 渋い日はブレードが効果あり

6月に入り、イサキ狙いのSLJも後半戦に突入。今年の響灘周辺はイサキの当たり年のようだが、もちろん渋い日もある。今回はその時の釣行をレポートする。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー オフショア

課題の残る釣果

シーズン後半のイサキSLJ釣行で本命7匹 渋い日はブレードが効果あり船全体の釣果(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

船全体の釣果はこんな感じだった。自分はイサキ7匹に対し竿頭は14匹のダブルスコア。船長はしっかりイサキのいる所に船をつけてくれているのだが、自分は思うように釣り切ることができなかった。

イサキシーズンも後半戦だが、次回の釣行までの宿題が残る結果となった。次回はジグで釣ることにこだわりすぎずにさまざまなルアーを投入してみようと思う。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
じらまる

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。