サーフでのウキダンゴ釣りで40cm級クロダイ 潮の変化を捉えてキャッチ

サーフでのウキダンゴ釣りで40cm級クロダイ 潮の変化を捉えてキャッチ

5月20日(金)、静岡県・沼津の千本浜へサーフ釣りに出かけた。ウキダンゴ釣りで潮の変化を逃さず捉え、40cm級のクロダイをキャッチした釣行の模様をリポートする。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

サーフでダンゴ釣り

6時半には現地到着。荷物を運び、釣り座を確保する。すでに数名の釣り人がいたのでいろいろ聞いてみると、最近はカンパチが時折ヒットしているという。

私はサーフからのウキダンゴ釣りでクロダイ狙い。紀州マッハ1袋をベースにチヌパワー、細びきさなぎ、ガツガツコーン、アミ姫を少量ブレンドし、ダンゴ用のコマセを作る。

サーフでのウキダンゴ釣りで40cm級クロダイ 潮の変化を捉えてキャッチサーフの様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

ここは何度も釣行している場所だが、タナオモリをハリに付けてポイント周辺の水深を測ると約3m。左から右手へ速く流れる潮を考慮して、タナを深く這わせて幅をとる。数投するとアタリが出て、20cm級カワハギがヒット。

時合い逃さず40cm級ゲット

2時間が過ぎたころ、潮の動きが変わって寝ウキが定着。ダンゴを投入するとすぐに寝ウキが立ち、消し込んだ。アワセせると沖へと走り、なかなかの手応え。これは本命と確信し、丁寧にやりとりしてタモに収めたのは40cm級。

サーフでのウキダンゴ釣りで40cm級クロダイ 潮の変化を捉えてキャッチ竿が絞られる(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

これからのサーフに期待

その後、また潮の流れが激しくなってきたので11時半に納竿。周辺の掃除をして帰路に就いた。

これからの季節、サーフではいろいろな魚が釣れるようになる。場所も広々として釣りやすいので、さらなる良型を狙って再訪したい。

<週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
千本浜
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年6月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。