ゴロタ場でのルアーシーバス釣行で50cm級頭に2尾 藻場狙いが的中

ゴロタ場でのルアーシーバス釣行で50cm級頭に2尾 藻場狙いが的中

例年ゴールデンウイークを過ぎると福井県の越前海岸の海もベイトの量が増え、それを追うフィッシュイーターが接岸してくる。そんな越前海岸に車を走らせたのは5月6日。メインターゲットはシーバスと決めた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大祐)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

サイズアップで50cmキャッチ

完全に暗くなり、ルアーローテーションしながらランガンしていく。手前の藻場付近までリトリーブしてくると、メバルも果敢にアタックしてきた。メバルもこの釣りのうれしい立派なターゲット。

さらにランガンし、フルキャストしてからリトリーブ後、すぐにバイト。沖からエラ洗いのバチャバチャと音が聞こえる。何度も抵抗を繰り返すが、何とか耐えて岩場にずり上げると50cmほどのきれいなシーバスだった。写真を撮りリリース。元気に海に帰っていくのを確認して納竿とした。

ゴロタ場でのルアーシーバス釣行で50cm級頭に2尾 藻場狙いが的中本命追加(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大祐)

この時期の越前海岸のライトゲームは、「こんな所で?」という場所でも、ベイトさえいればシーバスが回遊してくる。港湾のバチパターンで使用するタックルをそのまま使えるのもうれしく、気軽に釣りができる。ゴロタ場とはいえ夜間の釣りになるので、無理することなく必ずライフジャケットは着用した上で安全第一で楽しんでほしい。

<週刊つりニュース中部版APC・小松大祐/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
越前海岸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年6月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。