堤防サビキ釣りでイワシ100尾に小サバ20尾 コマセと仕掛けの同調が肝

堤防サビキ釣りでイワシ100尾に小サバ20尾 コマセと仕掛けの同調が肝

千葉県館山市の船形港で堤防サビキ釣りに行ってきた。途中は釣れない時間もあったが、群れが通ると連発するパターンが続き、1時間でイワシ100尾、小サバ20尾キープできた釣行をレポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

船形港でサビキ釣り

5月28日(土)、千葉県館山市の船形港でサビキ釣りを楽しんだ。

6時ごろに現地入り。この日は天気がよく、さまざまなスタイルで楽しんでいる釣り人で賑わっている。

堤防サビキ釣りでイワシ100尾に小サバ20尾 コマセと仕掛けの同調が肝釣り人で賑わう港内(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

イワシ連釣

堤防でコマセをまきながら様子を見てみると、海中に小サバやイワシを発見。すぐにサビキ仕掛けで狙ってみる。

コマセをまくと小サバやイワシが多数乱舞しているが、警戒しているのか、コマセに群がるもののすぐにいなくなってしまう。コマセ杓を使ってまくだけではなかなか釣れないので、サビキ仕掛けにコマセカゴをセット。すると、単発でカタクチイワシがヒットする。

サビキのサイズを小さくし、コマセの帯に丁寧にサビキ仕掛けを同調させるイメージで狙うと、これがハマったようでイワシを連釣。

堤防サビキ釣りでイワシ100尾に小サバ20尾 コマセと仕掛けの同調が肝サビキで釣れたイワシ(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

しかし、海面近くに多数見える小サバはなかなか食ってこない。あらためて海中をよく観察してみると、海面を早いスピードで回遊している。そこで、ノベ竿仕掛けを準備。タナ半ヒロ程度に小型ウキをセットしてオキアミを餌に仕掛けを振り込むと、小サバが次々にヒットする。

最終釣果

途中は釣れない時間もあったが、群れが通ると連発するパターンが続き、1時間でイワシ100尾、小サバ20尾キープできたので、釣り場を洗い流して10時に終了。キープした小サバとイワシは、竜田揚げやフライにして美味しくいただいた。

堤防サビキ釣りでイワシ100尾に小サバ20尾 コマセと仕掛けの同調が肝釣果の一部(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

船形港は大規模港で家族連れにも人気が高く、停泊している船や作業の邪魔にならなければ、時化たときにも竿が出せる貴重な釣り場だ。今後も長く楽しめるように、ゴミや汚れは残さず、マナーを守って楽しみたい。

<週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
船形港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年6月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。