沖堤防でのルアー釣りで50cmマゴチ 良型メバルの連発タイムも堪能

沖堤防でのルアー釣りで50cmマゴチ 良型メバルの連発タイムも堪能

先日、神奈川県にある沖堤防に釣友3人で行ってきました。この時期、メバルが好調と予測して出かけたのですがなかなか状況は厳しく……。それでもマゴチ50cmを筆頭にメバル、カサゴ、ムラソイ、アナハゼと5目を達成できました。今回はそんなお話です。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

アングラー「K」 

釣りを初めて30年。魚は食べることはもちろん,飼育,繁殖も大好きです。魚種の縛りなく,たくさんの魚に会いたいと思っています。

×閉じる

ソルトルアー ショア

野島防波堤でルアー釣り

今回の釣り場所は神奈川県横浜市の野島防波堤です。時間は11:45~16:00までの「日没便」と呼ばれるコース。渡船料金は3000円で18:30までの「マヅメ」まで延長したので500円プラスで3500円です。

釣行日は4月下旬、あいにく前日は雨で当日も風が4mという状況でした。この日は通常であれば20:30までの「半夜」というコースもある日でしたが、気候等の条件で中止となっていました。メバルは半夜での実績が高いので残念。

釣行者は私を含めて3人、私と義息子とそのお兄さんの3人です。私と義息子はライトゲームでワーム中心、お兄さんはシーバスタックルでメタルジグやメタルバイブ、バイブレーションジグヘッド中心という感じです。

1投目はアナハゼから

この防波堤は最盛期にはカサゴ、メバル、クロダイ、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ等の実績が高く、爆釣も夢ではない釣り場です。しかも足場が高くないため、軽装備でも釣りができる釣り人に優しい釣り場です。

私の作戦は夕マヅメに向けて活性が高くなるだろうメバルをターゲットに軽めのジグヘッドで勝負したかったのですが、前述の通り風が強かったのでライトゲームでは通常のウェイトだと底がとれない状況です。そのため3gまで重くしてラインメンディングをしながらワームを沈め、やる気のある魚を探して釣りを始めます。

沖堤防でのルアー釣りで50cmマゴチ 良型メバルの連発タイムも堪能アナハゼからスタート(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

期待の第一投、底付近をトレースすると海藻にコンタクトしたような小さなアタリが。「あれっ?引いてる?」そんな感じでリールを巻くと、自分の最小記録のアナハゼでした。先行きが不安になってきました……。

20cm弱の根魚キャッチ

義息子の作戦はジグヘッドを重くして堤防の際を中心にボトムを意識して魚種を限定せずやる気のある魚を釣っていくというスタイルです。その成果で20cm弱のカサゴやムラソイを追加しました。

沖堤防でのルアー釣りで50cmマゴチ 良型メバルの連発タイムも堪能ポツポツヒット(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

二人ともなかなかパターンをつかめず、何とかやる気のある魚を拾っているという感じでした。予想以上に昨日の雨とこの日の風の影響が強そうです。

沖堤防でのルアー釣りで50cmマゴチ 良型メバルの連発タイムも堪能根魚を拾い釣り(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

夕マヅメにメバル登場

午後3時を過ぎてくると次第に陽が傾いて来るのがわかります。「メバルは夕マヅメに向けて浮いてくるはず。」と考え、底から1m程度のところをゆっくり引いてくると、久しぶりに明確なアタリでヒット!ライトロッドを曲げて上がってきたのは18cmのクロメバルでした。

これに気をよくして同じパターンで探るとまたもや連続して同サイズのメバルがヒット!やった!パターンをつかんだと思いました。しかし、その後はアタリもなく、まだ爆釣パターンには遠いようです。

沖堤防でのルアー釣りで50cmマゴチ 良型メバルの連発タイムも堪能メバルをゲット(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

しかし確実に活性は上がっている様子。義息子の方は確実にカサゴやムラソイを追加して釣果を伸ばしていました。

次のページで50cmマゴチ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。