源流ルアー釣りにおける【小型ミノー使用メリットと使い方を解説】

源流ルアー釣りにおける【小型ミノー使用メリットと使い方を解説】

源流ルアーフィッシングでオススメなのが「小型ミノー」です。使い方やメリットを理解すれば、今よりも釣果アップが狙えます。美しい渓流魚に出逢えたい方は、ぜひご覧ください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奈良鱒兵衛)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

源流釣りの小型ミノー

源流のルアーフィッシングは、美しい魚達と出会える魅力的な釣りです。川幅は狭いのですが、奥深く、釣り方によって釣果が大きく変わります。

源流ルアー釣りにおける【小型ミノー使用メリットと使い方を解説】小さいミノーがおすすめ(提供:TSURINEWSライター奈良鱒兵衛)

源流で使う小型ミノーのサイズは、35mm~45mmがおすすめです。35mmより小さくなってしまうと、キャストがしにくくなってしまいます。その反対に、45mmより大きめのサイズを使うと、着水音で警戒されてしまいます。源流の規模によって、相応しいサイズを選ぶようにしてください。

小型ミノーを使う理由を紹介

源流で小型ミノーを使うメリットを3つ解説します。メリットを理解すれば、小型ミノーに意味を持たせて使えるので、参考にしてください。

軽くて扱いやすい

小型ミノーは軽くて操作がしやすいです。水流の抵抗を受けにくいので、快適にアクションをつけることができます。そして、源流などの小規模のフィールドでは、丁度良い飛距離が出せるのでおすすめです。対岸まで飛ばすなどのミスキャストを減らせます。

場所を荒らさない

小型ミノーは場所を荒らしません。着水音が静かだからです。渓流魚にプレッシャーを与えずに、釣り上げることができます。また、アピール力も控えめなので、魚がスレにくいです。同じ場所を通しても、魚が何度も追いかけてきます。

マッチザベイトで魚がバイトしやすい

小型ミノーは、源流のベイトのサイズにピッタリです。源流の渓流魚のベイトは、30mm~50mmになります。ベイトサイズにミノーの大きさを近付けると、魚が違和感なくバイトしてきます。より多くのバイトを得られるので、必然的にキャッチ率も高くなるのです。

次のページで小型ミノーの使い方を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。