釣り人的「夏バテ対策レシピ」:マルアジの冷や汁(ひやじる)

釣り人的「夏バテ対策レシピ」:マルアジの冷や汁(ひやじる)

梅雨ごろから釣期を迎えるマルアジ(アオアジ)。釣りたては刺し身で美味しいが、どうしても〝足が早い〟。そこで今回は釣り好き店主(藤まる食堂)一押しの「マルアジの冷や汁」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

マルアジとは

マルアジはマアジの仲間で、北海道以南の浅い海に多い。名前の通りアジを丸くした形をしていて、釣りたては青色がかっていることから、アオアジとも呼ぶ。

持ち帰り方

持ち帰り方は至って簡単。ハリから外し、そのままクーラーに入れるだけ。この際、しっかり氷を効かせておくことが鮮度を保つコツだ。

自宅での下処理

持ち帰ったマルアジはシンクに移し、軽く水洗いする。次に頭とワタを取り、内側(腹側)の血合を落とすように、しっかりと洗う。

釣り人的「夏バテ対策レシピ」:マルアジの冷や汁(ひやじる)あたまとワタを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

大名おろし

下処理が終わったら、3枚におろす。背開きよりも大名おろしが簡単でラクだ。身が軟らかいため、包丁は〝一刀両断〟てきに。

グリルで焼く

3枚におろしたあとは腹骨を取る。20cm級のマルアジなら中骨は取らなくても気にならない。これを小さく切ってグリルで白焼きにする。同時に少量のみそも一緒に焼くと、作業工程を1つ減らせる。

釣り人的「夏バテ対策レシピ」:マルアジの冷や汁(ひやじる)魚とみそを同時に焼く(提供:TSURINEWSライター松田正記)

よく練り込む

焼いた魚とみそは少し冷まし、すり鉢に移してしっかり混ぜ合わせる。よく練り込むようにしていくのがポイントだ。

冷や汁レシピ最終工程

最後の工程は冷や汁の具材と合わせる作業。具材は次の通り。青ジソ、キュウリ、とうふ、ゴマ、ピーナッツの5点。

釣り人的「夏バテ対策レシピ」:マルアジの冷や汁(ひやじる)具材を揃える(提供:TSURINEWSライター松田正記)

青ジソは細切り、キュウリはスライス、ゴマとピーナッツは市販の擦ったものを使用。とうふは手で千切る。具材が揃ったら、魚とみそが入ったすり鉢に投入。あとは水またはだしを入れ、軽く混ぜれば完成。隠し味に砂糖を入れてもGOOD。

冷や汁をご飯にかけて「サブサブッ」と食べると最高。食欲が落ちる夏でも、抵抗なくイケるうえ、元気が出る。

参考までに

冷や汁は宮崎県の郷土料理。発祥は宮崎市跡江地区で、マルアジから作られたもの。40年ほど前から全国的に広がり、最近は上品にアレンジしたものや、さらに具材が多いものなどいろいろある。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。