サワラキャスティングで1投目から75cm3kg本命キャッチに歓喜

サワラキャスティングで1投目から75cm3kg本命キャッチに歓喜

三重県四日市市の磯津漁港から出船するすばる丸で、サワラキャスティング釣行へ。当日の釣果は、船中でサワラが4匹とワラサが2匹。時合いで確実に仕留めた人が釣果を手にした。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

サワラキャスティング釣行

4月上旬、筆者が主宰する釣りクラブのメンバーの樋口さやかさんのサワラキャスティング釣行へ同行した。場所は三重県四日市市の磯津漁港から出船するすばる丸

午前5時に出船して1時間30分ほど走り、ポイントへ向かう。風はあるものの、波は比較的穏やかで天気も快晴。絶好の釣り日和となり釣果への期待も膨らむ。

実はさやかさんは昨年秋にサワラキャスティングへ行ったのだが、そこでは残念ながら釣果は得られず、半年ぶりのリベンジマッチとなる。

9ftのキャスティングロッドにスピニングリールの4000番。1.2号のPEラインにリーダーはフロロカーボンライン35lb。ルアーはサイレントアサシン140Fだ。

開始1投目でリベンジ

ポイントへ到着して早速キャスト開始。ひと流し目からヒットはないだろうと油断していると、海面に銀色の魚体が一瞬反転するのが見えた。

その直後、さやかさんのサオが一気にひったくられる。反射的にロッドを立てて必死に応戦するが、女性の細腕では思うように寄せきれない。それでも少しずつリールを巻きながら、テンションだけは抜かないようにやり取りを繰り返していく。

底や沖へ走られながらもなんとか浮かせてきたのは大本命、良型のサワラだ。開始1投目でいきなりサワラをキャッチしたさやかさん、これで昨年のリベンジ達成だ。後に計測したところ75cm3kgの立派なサワラだった。

サワラキャスティングで1投目から75cm3kg本命キャッチに歓喜さやかさんリベンジ果たす初サワラ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

サイレントアサシンにヒット

このファイトで腕に完全に力が入らなくなってしまったさやかさん。しかし次の1匹への意欲は高く、すかさずキャストを再開する。ポイントへ船を着け直して数投目、またしてもさやかさんのサイレントアサシンを強烈なバイトが襲う。

サワラキャスティングで1投目から75cm3kg本命キャッチに歓喜サイレントアサシンにヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

直後に一気に沖に走られ、サオがのされそうになるのを全身で受け止める。魚は大暴れで、走りを止めるので精いっぱい。

巻いては走られを繰り返して体力も限界に近づいてきたそのとき、ついにリーダーが海面から出てきた。あと一歩だ。

ポンピングして浮かせようとしたそのとき、フッとサオ先から重みが抜ける。あと一歩のところで2匹目を手にすることはかなわなかった。

しかもバレたのではなくなんとラインブレイク。体力切れを起こしてきた後半に、リーダーを巻かれてスパッと切られてしまったようだ。

さやかさんは悔しそうな表情を浮かべるが、切られてしまったものは仕方がない。めげずにキャストを繰り返すが、次のチャンスには恵まれず、サワラ1匹でフィニッシュとなった。

サワラキャスティングで1投目から75cm3kg本命キャッチに歓喜75cm 3kgの立派な魚体(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

次のページで当日の釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。