サーフでの投げキス釣りで20cm超え好捕 「夜光玉」が決め手?

サーフでの投げキス釣りで20cm超え好捕 「夜光玉」が決め手?

水温が安定してきたのか、シロギスが深場から動き出している様子で、西湘や沼津、清水周辺に、遠州灘からも「釣れた」という情報が耳に届くようになってきた。そこで、4月10日(日)神奈川県の国府津海岸へ釣行。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

国府津海岸で投げ釣り

7時半に国府津海岸に到着した時点で風はなく、絶好の条件だ。最近の好調ぶりを聞いてか、多くのシロギス狙いのキャスターでにぎわっており、スロープ下は満員だったので、西側の深場が隣接する旧プール下で竿を出す。

サーフでの投げキス釣りで20cm超え好捕 「夜光玉」が決め手?ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

タックルは、33号負荷の並継ぎ竿に投げ専用リール。ミチイトはPEライン0.6号で自作湘南型天ビンにデルナーシンカー27号で、ハリ6号4本バリ。チモトに、夜光玉(緑)と金ビーズを交互に配した、アピール重視仕掛けでエサはジャリメ。

第1投、イトグセを取るため、軽く4色に投入。すぐに3色半付近で、弱いものの明確なアタリで13cm本命。1投目から釣れると気分がいい。しかも、かなり手前で釣れた。

23cm良型シロギスゲット

気持ちに余裕ができ、次はフルスイングで7色半へ。着底後少し待ってからサビくと、7色までの間に底の変化があり、そこを重点に攻める。

数投後、7色付近でいきなり竿先を持っていくアタリ。リールを巻くハンドルにはなかなかの重量感が伝わる。

手前の波を慎重にクリアし、天ビンが空中に浮くと、魚は海中を横走り。経験上、こんなときは魚がデカイ。

サーフでの投げキス釣りで20cm超え好捕 「夜光玉」が決め手?本命手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

姿を現したのは驚きの良型。スケールをあてると23cm。今年初の20cm超えに大満足。

夜光玉が効果を発揮

以降1時間は、ヤリヌメリやカワハギが釣れ、9時ごろ、潮が向かって右へ流れた途端に、先程と同じようなアタリで、同級の良型キス。

サーフでの投げキス釣りで20cm超え好捕 「夜光玉」が決め手?ポイントの様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

10時すぎに最後の1投で13cmを追加して4尾で納竿。すべて、夜光玉を通したハリに食ってきた。底潮が暗かったのだろうか。真相は不明だが、効果があったことには違いない。

20cm超えを2尾釣ることができ、満足の釣行となった。

<週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
国府津海岸
この記事は『週刊つりニュース関東版』20212年5月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。