磯フカセ釣りで45cm口太クロ(メジナ) 尾長混じりで良型連打

磯フカセ釣りで45cm口太クロ(メジナ) 尾長混じりで良型連打

甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)も、そろそろ主役交代。上物はクロから尾長グロに変わり、底物はイシダイがノッコミを迎える。それでは3月30日に釣行した時の様子をリポートする。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

甑島・里でリレー釣り

里の釣りものは今季も例年並みの釣果で推移。クロは3月中旬まで30~45cmの数が出ていたものの、同後半からムラが出始めた。一方、これからシーズンを迎える尾長グロやイシダイは、まだ専門に狙う人が少ないためか、目立った釣果はない。

磯フカセ釣りで45cm口太クロ(メジナ) 尾長混じりで良型連打タックル図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

当日は午前5時過ぎに射手崎灯台下の地磯に渡った。朝マヅメは尾長グロを釣り、気温が上がるころにイシダイを狙うリレー釣りの計画を立てた。

まずは尾長グロ狙い

まずはフカセで尾長グロ狙い。ウキは遠近自在に探れるR‐G+、ハリは吞まれにくい形状の南方グレを選び、エサはオキアミ生のみ。まきエサを足元にまき、2ヒロほどのタナでサオ下を攻めた。

2~3投するが反応はなく、つけエサが残る。タナを少し深くし、瀬際ギリギリに仕掛けを入れてみた。

まさかのクチブトヒット

すると、ようやくアタリ。瀬際に浮かぶウキがじわりと押さえ込まれ、静かに消えていった。ここでアワセを入れると、確かな重量感。魚は手前に突っ込んでくる。

これをうまく交わしゆっくり浮かせたのは、まさかの大グロ(クチブト)。45cmほどで、白子がはみ出ている。

次のページで本命尾長が顔出し!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。