渓流エサ釣りでヤマメ4尾手中 景色に釣りに釣魚料理に堪能

渓流エサ釣りでヤマメ4尾手中 景色に釣りに釣魚料理に堪能

3月2日(水)、山梨と神奈川をまたいで流れる道志川に、釣友の瀬口さん兄弟と3人で渓流釣りに出かけた。前半こそ低水温のためか苦戦したが、日差しが出た後半は散発的にアタリが出て、釣りに景色に釣魚料理に大満足した釣行をリポートする。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

道志川で渓流釣り

7時半、音久和キャンプ場で日釣遊魚券を購入、同場所から入渓。久しぶりなので、期待を込めて開始。解禁間もないので、「すぐにアタリがあるだろう」と思っていたが、エサのイクラには反応なし。

渓流エサ釣りでヤマメ4尾手中 景色に釣りに釣魚料理に堪能音久和キャンプ場下(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

釣り上がりながら、チャラ瀬や淵を丹念に攻めるが状況は好転しない。さらに進んでいくと、ひときわ大きな淵に出る。

渓流エサ釣りでヤマメ4尾手中 景色に釣りに釣魚料理に堪能丹念に攻める(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

前例ない食い渋りに苦戦

先行者で地元の柳川さんにヤマメがヒットしていて、「毎年、解禁直後にきていますが、こんなに食いが渋いのは始めて。ブドウ虫、イクラには反応しないので、川虫(ピンチョロ)を採取。ハリスは、ナイロンライン0.1号に落としたらやっとアタりだしました」と教えてくれる。

渓流エサ釣りでヤマメ4尾手中 景色に釣りに釣魚料理に堪能渋い中ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

そこで、私たちもこの淵で粘ってみる。瀬口さん兄がヤマメを2尾釣ったものの、あとは沈黙。おそらく、先日降った雪解け水のせいで、かなり水温が下がったことが原因か。

次のページで活性上がり複数ヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。