玄界灘の沖五目釣りでレンコダイにアマダイに良型アオナと多彩な釣果

玄界灘の沖五目釣りでレンコダイにアマダイに良型アオナと多彩な釣果

2月28日、玄界灘の沖五目釣りを楽しもうと、福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)に乗船した。レンコ釣る人76尾、アマダイ3尾、アオナ1人平均4尾で釣る人13尾、タカバ2尾と多彩なお土産ができた釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸で五目釣り

2月28日、福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)で玄界灘の沖五目釣りに釣行した。メンバーは手島さん、泊さん兄弟、酒井さん親子、永見さん、酒井さんだ。

午前5時すぎに神湊港から出船し、水深73~83mのポイントに着くころには辺りも明るくなり、釣り人が仕掛けを組み終えたら釣り開始。船長が小アジを用意してくれていたので根魚も狙える。

玄界灘の沖五目釣りでレンコダイにアマダイに良型アオナと多彩な釣果タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

1投目、仕掛けを落とすとすぐにアタリがでて良型レンコが釣れた。しかし、その後はアタリも良くでたがアワセが遅くなりハリ掛かりしない。サオを7対3調子に替えてみるとアタリに対してアワセも決まり、ハリ掛かりしたレンコがダブルで釣れる。

玄界灘の沖五目釣りでレンコダイにアマダイに良型アオナと多彩な釣果レンコトリプルヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

久しぶりに釣行した手島さんは2.4mのサオを使っていたが、それでも時間がたつにつれてアタリをとらえだし、レンコを釣り上げていた。

50cm超え大型アマダイ浮上

9時をすぎたころ、船長から「永見さんにアマダイが釣れた」と言われたので見に行くと、50cm超えの大型が釣れていた。

玄界灘の沖五目釣りでレンコダイにアマダイに良型アオナと多彩な釣果良型手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

左舷ミヨシで釣られていた泊さん(弟)のサオにアタリがでて、アラカブとタカバがダブルヒットしていた。

良型アオナ続々

また、酒井さん(父)のサオにもアタリがあり、タカバ2kg級が釣れていた。エサを聞くと小アジのようだ。さらに酒井さん(息子)も小アジでアオナ1kg級を釣り上げた。その後、左舷船尾の泊さん(兄)に大物が釣れたそうで、見に行くとアオナ2kg超えだった。

玄界灘の沖五目釣りでレンコダイにアマダイに良型アオナと多彩な釣果アオナは良型が目立った(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

なお、レンコの群れが大きい時は、ハリがあるだけレンコが掛かってくるのだが、1回のアタリで上げるのでなく追い食いをさせるといい。

玄界灘の沖五目釣りでレンコダイにアマダイに良型アオナと多彩な釣果こちらもナイスサイズ(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。