ドーム船ワカサギ釣りで1024匹 11本バリのロング仕掛けで数釣り

ドーム船ワカサギ釣りで1024匹 11本バリのロング仕掛けで数釣り

3月7日(月)、山梨県富士河口湖町にある河口湖へドームワカサギ釣行。近年流行りの『河口湖大橋下ドーム船群』に位置する河口湖漁協運営の新漁協ドームで数釣りに挑戦だ。厳しい時間はあったもののその中で目標の1000尾達成できた釣行をレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り ワカサギ釣り

河口湖でワカサギ釣り

河口湖漁業協同組合は河口湖での釣りを管轄している漁業組合であるが、近年ワカサギ釣りにもかなり力を入れている。毎年稚魚放流数も億単位で、遡上する個体も安定してきており、日本で『ワカサギ数釣りといえば河口湖』とイメージするくらい素晴らしい環境である。

そんな同地を管轄する漁協が運営するワカサギドーム船は、ハイシーズンには大変人気で数釣り実現を夢見て毎年多くのワカサギ師が訪れる釣り場だ。現在日ムラが激しいが爆釣に恵まれることもあるので、今回挑戦してみた。

河口湖漁協ドーム船受付時間9時00分~15時【電話にて】

ドーム船ワカサギ釣りで1024匹 11本バリのロング仕掛けで数釣り河口湖大橋下ドーム船群(提供:TSURINEWSライター なおぱぱ)

漁協ドーム船受付と近況確認

6時00分に現在の受付場所である『産屋ヶ崎トンネル下駐車場』に到着。私が一番到着らしくドーム船送迎ボート桟橋前にクーラーを置いて順番確保した。そして6時30分より受付開始となり、ドーム船に順番で乗り込んで受付である。最近も竿頭が1000尾以上の釣果が出ているようで、期待を込めて席を確保して釣り座準備する。

ドーム船ワカサギ釣りで1024匹 11本バリのロング仕掛けで数釣り受付はマナーを守って確保しよう(提供:TSURINEWSライター なおぱぱ)

タックル

自作先調子竿35cmに延長アダプターを取付けてリールは新型クリスティア2丁。仕掛けは自作仕掛け11本バリ袖1号と下バリ構成が2本分、オモリは多点を考慮して3号でエサは紅サシ合計7袋用意した。

ドーム船ワカサギ釣りで1024匹 11本バリのロング仕掛けで数釣り著者の釣り座(提供:TSURINEWSライター なおぱぱ)

激釣の朝イチ開幕

釣り座にタックルをセットしたところで魚探画像を確認すると、水深10mで底から3mクラスの分厚い群れの反応だ。かなりテンションが上がり、できる限りのターボ手返しで4点~8点掛けを含めた連発で、7時40分に群れ反応がなくなるまでに463匹と好調だ。

その後また数分ほど群れが入り8時で500匹と今後の期待感で高揚していた。

ドーム船ワカサギ釣りで1024匹 11本バリのロング仕掛けで数釣り朝イチのチャンスタイムは凄く楽しい(提供:TSURINEWSライター なおぱぱ)

次のページでは群れが抜けた後の釣りを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。