波止ヤリイカ釣りで本命12尾 エサ巻きエギ&電気ウキ釣りで挑戦

波止ヤリイカ釣りで本命12尾 エサ巻きエギ&電気ウキ釣りで挑戦

2月中旬に山陰方面へヤリイカ狙いで今期初出撃。当日は、回ってきた群れがあまり大きくなかったのが、3時間で12尾とまずまずの釣果となった釣行をレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

波止でヤリイカ釣り

昨年のような大雪が降ることもないのが影響しているのか水温が下がらず、例年1月中旬くらいから釣果の上向くヤリイカだが、2月中旬なってようやく上向いてきた話がではじめた。早速2月中旬、山陰方面に今期初出撃。

ポイントには午後6時30分ごろ到着。天気も良く風もない釣りやすい状況だが、煌々と光る満月が唯一の不安材料。先行者は3人ほどで、暗い海面には数本の電気ウキが浮かんでいる。私も少し離れたポイントから電気ウキ仕掛けを投入し、待っている間はエサ巻きエギを使ったエギングで狙う二刀流作戦。

波止ヤリイカ釣りで本命12尾 エサ巻きエギ&電気ウキ釣りで挑戦ヤリイカタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

エギングでヤリイカ連発

開始から30分ほどたったころ、エギが潮をつかんだようなじわっとした重みを感じた。ゆっくりサオ先で聞きながら巻くと、かすかにエギを持っていくような感触。すかさずフッキングを入れると乗った。無事胴長20cmクラスのメスをキャッチした。

続けて同じポイントに投げ、ラインを張りながらフォール中カウント15秒くらいで再び違和感。ワンテンポ待ってエギに重みを感じてからフッキング。連発で同サイズをゲット。

波止ヤリイカ釣りで本命12尾 エサ巻きエギ&電気ウキ釣りで挑戦良型のの引きを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

ウキ釣りでも連チャン

その後、しばらく反応がなかったが、8時ごろ電気ウキが不自然に揺れたかと思ったら、パタっとウキが倒れた。イトフケを取って大きくサオをあおると重量感が。ゆっくり巻いて無事取り込んだ。

再び仕掛けを流しなおし、エギを投入するとカウント10秒ほどで反応があり3連チャン。

波止ヤリイカ釣りで本命12尾 エサ巻きエギ&電気ウキ釣りで挑戦青系エギにヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

撮影を終えイカをクーラーに入れてエギを投げようとしたら、2本仕掛けのウキが沈んでいる。巻き上げるとダブルでヤリイカがついていた。

波止ヤリイカ釣りで本命12尾 エサ巻きエギ&電気ウキ釣りで挑戦ダブルヒットも(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。