東京湾コマセマダイ釣りで1kg級頭に本命5尾 「落とし込み」が的中

東京湾コマセマダイ釣りで1kg級頭に本命5尾 「落とし込み」が的中

まだまだ寒い日が続いていますが、暦のうえでは春。そう、春と言えばコマセマダイの季節。「脂が乗っていて最高」という話を聞いて、2月半ばに東京湾・剣崎松輪の船宿から釣行してきました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

コマセマダイ釣り

水温の上昇とともに、産卵のため浅場へと大型が上ってくる乗っ込みマダイ狙いのコマセ釣りシーズンまであと少し。でも、食べて一番美味しいのは水温が低いこの時期。

使用したタックルは、専用竿に中型電動リール。ミチイトPEライン4号、片天ビンに80号ビシ、クッションゴム1mを介し、ハリス4号12mの船宿オリジナル仕掛けを使用。

ビシにひとつまみコマセを入れ、エサはプリッとしたオキアミ1匹掛け。

当日の釣り方

久里浜沖のポイントに着くと、水深60mで投入のアナウンス。

本来、マダイは警戒心が強く、ビシの動きを嫌うので、コマセ釣りでは長い仕掛けを使い、さらに船内全体でビシの位置を揃えるように、ミチイトの色分けとマーキングで正確にタナ取りします。

指示ダナの7m下まで下ろしたら、2回竿を大きくあおってコマセをまいて、ビシの位置を指示ダナに合わせます。船長から「エサ取りが多いのでチェックはこまめに。手返しが大事」と聞いて、ひん繁に仕掛けを入れ替えます。

落とし込みで本命ヒット

しばらくすると、「反応入ってきたよ」とアナウンス。リールのドラグを緩め、ミチイトを少しずつ引き出して落とし込んでいきます。この瞬間がいちばんドキドキします。2m下げ、待っているとプルプルッとアタリ。その直後にグーンと竿先が海面に突き刺さりました。

東京湾コマセマダイ釣りで1kg級頭に本命5尾 「落とし込み」が的中三段引きを楽しむ(提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

ひと呼吸おいて竿を大きくリフトしてアワせます。そのまま電動リールのスイッチオン。マダイ独特の三段引き。「これは本命に間違いない」と、鋭い突っ込みに注意しながら、慎重に巻き上げてくると、澄んだ海中のなかに白っぽい魚体。

東京湾コマセマダイ釣りで1kg級頭に本命5尾 「落とし込み」が的中食べごろサイズを追加(提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

やがて、ピンク色に変わってタモ取りしたのは1kg超えの食べごろサイズ。肉厚があって美味しそう。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。