お手軽な堤防サビキ釣りでアジ好捕 ぶっこみ釣りではアラカブ顔出し

お手軽な堤防サビキ釣りでアジ好捕 ぶっこみ釣りではアラカブ顔出し

北九州市門司区の西海岸へ進さんらと釣行した。サビキ釣りとぶっこみ釣りを楽しみ、この日は5人でアラカブ4尾、アジ15尾、小ダイとよく釣れたので、その模様をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

堤防でお手軽サビキ釣り

1月30日、釣り場には午前9時前に着いた。コーナー付近が空いていたので、そこに釣具を持って行って釣座を確保。

お手軽な堤防サビキ釣りでアジ好捕 ぶっこみ釣りではアラカブ顔出しタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

子どもたちの仕掛けにはウキの代わりにセル玉を通し、中型ウキ止めを付け、アミカゴのタナが分かりやすいように3人の仕掛けにつけた。関門海峡の潮の流れは速いため、底オモリ8号のサビキ仕掛けとしている。

まきエサはアミ姫キララを使う。H君はそれをたっぷり詰め込んだらゆっくり底に落とす。だいたい9mくらいか。潮は右流れだが、このポイントは反流があるので、いつも右と左に流れの変化が出る。

パワーイソメでアジヒット

まきエサを入れたら仕掛けを落とす2人。次女の孫も同じ仕掛けでサビキ釣りをしている。誰が先に釣るのか見ものだが、30分釣ってもフグと小さなカワハギのみ。

お手軽な堤防サビキ釣りでアジ好捕 ぶっこみ釣りではアラカブ顔出しサビキで使用した(提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

そこで、家から持って来たパワーイソメ(赤イソメ・中)を3cmに切り、サビキ仕掛けの5号バリに7つとも小さくつけた。あとは同じ釣り方で、H君がドボンと仕掛けを入れてすぐにアタリがでたが、サオが3回曲がるまではリールを巻かないように指示すると、15cmはあるアジが釣れた。まずはうれしい1尾をキープ。

良型アジ多数ヒット

T君の仕掛けにも小さく切ったパワーイソメ・ソフト(桜イソメ夜光・中)を付け、同じポイントにドボンと入れ、セル玉が消えてアミカゴが底に着くくらい下を釣っている。根掛かりはないし、ミチイトがピーンと貼っているので、アタリはよく分かるはず。

お手軽な堤防サビキ釣りでアジ好捕 ぶっこみ釣りではアラカブ顔出しポイント図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

と思っていたら大きなアタリがでた。サオが2度も曲がったので、T君がゴリ巻きするとダブルヒット。下バリにアジ、上バリに小ダイが釣れた。

H君も同じようにしているが、底から1m上を釣り、サオを上下させながら魚を誘っている。その誘いがいいのか、H君にガツンとヒット。サオを大きく曲げながらリールをゴリ巻きし、こちらもダブルヒットしたアジは15cm級で型がいい。

次のページは岸壁狙いでアラカブも登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。