夕マヅメ狙いのメバリングで25cm頭に好打 バラした魚は尺級か?

夕マヅメ狙いのメバリングで25cm頭に好打 バラした魚は尺級か?

仕事終わりに福岡市の志賀島へ、日の入り前の夕マズメを狙ってメバリングに行ってきた。無念の大型バラシもあったが、25cmを交えた釣果を得ることができた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志賀島でメバリング

1月下旬、仕事終わりの福岡市の志賀島は風速2mほどとメバルナギとなり午後6時ごろに赤灯台へ。

夕マヅメ狙いのメバリングで25cm頭に好打 バラした魚は尺級か?志賀島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

当日は、下げ止まりは7時30分ごろなので日の入り前の夕マヅメから狙える潮と時間が合っている良い日だ。

夕マヅメ狙いのメバリングで25cm頭に好打 バラした魚は尺級か?当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

20cmメバルをキャッチ!

高活性のメバルを狙うため、夕マヅメという好機にプラッギングから始める。最初はミノーをチョイスし、まだ薄明るい海面をトレースしてみると、「コツン」とショートバイトがある。よしよし、波も程よくあり潮もよく動きミノーのリップに抵抗を受ける。

少しリトリーブコースをずらしてキャスト。「コンッ」とひったくるバイト! グググーとロッドティップが入り、よい引きで楽しませてくれる。間違いなくメバルの引きである。干潮になったテトラに擦(す)れないように、無事ランディング。まずは20cmをキャッチ&リリース。よしよし次、と狙う。

アマモ場にキャストし水面を引いてくると「コツン」とバイト!思い通りに同サイズ。

夕マヅメ狙いのメバリングで25cm頭に好打 バラした魚は尺級か?プラグでもワームでも楽しめた(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

無念の大型バラシ

今度はサイズアップ狙いで、リップレスミノーでナチュラルに誘う。狙い通りミノーに反応しなかった魚の強いバイト。ティップが大きく入り25cmでは出されないよう設定したドラグだがラインが引き出される。

これは、いい型だぞと手前に引き寄せた際にもうひと走り。テトラについたカキ殻にラインが絡んでしまった。5分ほど苦労してなんとか外すも、魚は外れていた。最後のやり取りを失敗してしまったのが悔やまれる。

フックも折れていたので交換し、方向を変えてキャスト。しかし釣れたのは20cmクラスとなった。

次のページではワームにかえてサイズアップ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。