オフショアジギングでカンパチ好打 活性落ちたらエビングで攻略

オフショアジギングでカンパチ好打 活性落ちたらエビングで攻略

愛知県師崎の釣り船まとばやさんにお世話になり、ルアーでカンパチを狙ってきました!食い渋りまたはジグにスレたカンパチを狙うのに「エビング」が効果的だった当日の釣りの模様をお届けします。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Avatar photo
Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

エビングとは

エビングは、半月天秤にジグを装着して、ハリスを1.5mほど取り、ハリにワームを付けるという仕掛けで、コマセについた魚や、アミエビなどを捕食するようなジグへの反応が悪い魚を狙う。

オフショアジギングでカンパチ好打 活性落ちたらエビングで攻略使用ワーム(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ジグやプラグなどのルアーに反応しない魚でもエビングでワームを装着することにより、今まで狙えなかった魚を狙えるようになる。また、マイクロベイトパターンの大型青物やマグロなども狙えるようになり、シビアなパターンの救世主と言える。

当日の使用タックル

2月1日、当日のタックルは、ベイトのジギングロッド(MAX180g)にPEライン2号、リーダー7号を巻いたベイトジギングリールである。カンパチは速巻きに反応する場合もあるので、ハイギアを使用した。

オフショアジギングでカンパチ好打 活性落ちたらエビングで攻略ハイギアリールを使用(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

エビング仕掛け

今回は全長30cmほどの半月テンビンに、ジグはフラッシングアピールが強そうなシルバー系150~200gほどのジグを装着。ハリスは6号を1.5mほど取り、ハリは伊勢尼16号を使用した。

ベイトはコイカという情報があり、3inchのホッグ系ワームを使用した。

オフショアジギングでカンパチ好打 活性落ちたらエビングで攻略手前がワームで奥が天秤(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

基本の釣り方

基本の釣り方は、タダ巻きに緩急をつけたアクションや大きくロッドをシャクリ上げてロングフォールを入れるパターン。

テンビンからハリスが長くなっているとアクションがワームに伝わりにくくなるので、ハリスの長さの調整が必要となる。

次のページで当日の釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。