連日安定釣果の津久井湖でワカサギ爆釣1027尾 三刀流釣法にチャレンジ

連日安定釣果の津久井湖でワカサギ爆釣1027尾 三刀流釣法にチャレンジ

1月31日(月)、毎年安定釣果となる頃合いをみて神奈川県相模原市にある津久井湖へと釣行。新しいチャレンジが爆釣プラスアルファとなり十束超えとなった爆釣釣行記をレポートしよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り ワカサギ釣り

三刀流釣法について

これまでは電動二刀流が数釣りには最強だと思い込んでいたが、『釣場次第では三刀流も手返し速度によっては釣果を伸ばす手段では?』と思いたった。

連日安定釣果の津久井湖でワカサギ爆釣1027尾 三刀流釣法にチャレンジ三刀流のワカサギ師あらわる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

単に竿数を増やして4本だとまったく扱えないし、色々考えた結果、組み合わせ的には電動二刀流プラス長竿が三刀流釣法の最良選択であると判断した。

長所

(1)単純に竿数が増えるのでアタリも多くなる。
(2)長竿ならリーチが有るので置竿でも電動タックルとのオマツリリスクは回避できる。
(3)短竿よりも仕掛けも長く出来て幅広いタナを探れるので多点掛けしやすい。

短所

(1)竿数が増える分仕掛けとエサの消費が多くなる。
(2)手返しのタイミングが一定になりにくいので状況判断が必要。
(3)低活性時は特にエサ交換を怠る可能性が高い。

使用感

ボート数釣りでは非常に有効。低活性時は長いリーチが離れたポイントの警戒心が薄いワカサギに効果的で数をプラス出来るメリットがあり、高活性時は電動二刀流の手返し合間にプラスアルファの釣果をもたらすことができた。

現に今回の釣行で長竿だけでも100尾以上は稼げているので、十束超えが出来た要因のひとつであることは間違いない。

大満足の結果

今回は三刀流釣法にチャレンジした結果は大正解で長所短所含めて良い経験ができた。三本なんてそんなの無理だろうと最初は笑いながら釣りをしていたが、実際に釣果に反映したということは効果がある釣りであることは間違いない。

連日安定釣果の津久井湖でワカサギ爆釣1027尾 三刀流釣法にチャレンジ爆裂の多点掛けが連続で炸裂(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

私的には釣場によってはアリだと思うので最良の方法を考えつつもさらに進化させていきたいと思う。そんな楽しい数釣りを目指し、また時間を見つけて釣行したいと思う。

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
沼本ボート
定休日:毎週木曜日(但し木曜日が祝日の場合は翌日)
営業時間:7時00分~16時30分 (時期によりその都度変更)

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。