沖堤防で次男カップルとフカセ釣り 入門者含め30cm級クロを好捕

沖堤防で次男カップルとフカセ釣り 入門者含め30cm級クロを好捕

長崎県西海市・大瀬戸のRyuseiにスニーカーでも上がれる防波堤に上げてもらい、次男とその彼女とフカセ釣りでクロを狙った。40cm級こそ逃してしまったが、30cm級の数釣りが楽しめたので、その模様をリポートしたい。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・平山康弘)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

クロ狙いで渡堤

1月5日は次男の巧の誕生日。彼女(純菜ちゃん)とデートの予定らしかったが、釣りに誘ったら純菜ちゃんも来たいと言うので、長崎県西海市・大瀬戸のRyuseiにスニーカーでも上がれる防波堤に上げてもらうことにする。

チヌでもクロでも遊べるように準備していったのだが、昼から風が吹いてくるというので、船長お勧めで上がったのは港からすぐのネズミ瀬。ここは灯台があり、船着きはコンクリートで整備されているので、階段も下の方に降りなければ比較的安全に釣りができる。

沖堤防で次男カップルとフカセ釣り 入門者含め30cm級クロを好捕釣り場概況図(作図:週刊つりニュース西部版APC・平山康弘)

当日は午前8時すぎに来たので、まきエサはオキアミ生1角にGMAXとイッキ浮かせグレ1袋を混ぜ合わせて2セット作った。タックルは初釣りと同じもので、仕掛けは全層ホルダー60細穴にBS自立0をセットしている。

巧のサオはインプレッサ1.25-53、リールはトーナメント競技、それに黒魂セミフロート1.75号を巻いたものをセット。全層60細穴に弁慶改をセットし、ハリスから下は私と同じで、ハリは沈め探りグレの7号。潮が速いので沈め釣りからスタートするようだ。

純菜ちゃんは、タイラバに3回ほど連れて来たのだが、フカセ釣りは初めてなので巧がレクチャーする。と、いってもこの場所は巧も初めてなので、北側の沈瀬、潮の様子、狙いどころなどをひと通り話しておく。

協力して本命キャッチ

しばらく後ろで眺めていたが手際よく沖の潮筋と足元にまきエサを打って仕掛けを投入。さらにまきエサをかぶせてと手順通りに流していくとすぐに反応があり、グイッとアワセを入れた。しっかり乗ったことを確認すると、横で見ていた純菜ちゃんにサオを手渡す。あらあらやるな~。

「サオを絞って、リールを巻いて、はい絞って~」と優しく教えている。サオの曲がりから結構なサイズのようだが、純菜ちゃんも巧のアドバイスをよく聞いて落ち着いてやり取りをしている。

沖堤防で次男カップルとフカセ釣り 入門者含め30cm級クロを好捕本命キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・平山康弘)

やがて巧の差し出すタモに初のクロが収まった。しかも35cmは超えている。フィッシュグリップに挟んで持たせてあげたり、写真を撮ってあげたり見ていてほほえましい。

30m以上沖を狙う

しばらく見ていたが、ぽつぽつとアタリをとらえ、代わる代わる楽しんでいるので、邪魔はできないと灯台付け根の小磯から巧たちの潮上を釣ることにする。ここからは30m以上沖をダイレクトに釣ることになるのだが、BS自立0を使った全層釣法だと余裕で狙える。

GMAXとイッキ浮かせグレも軽く混ぜ込むとピンポイントに沖の潮目が狙え、視認性も良くダイレクトに潮筋を狙える。着水後にほどよく拡散して視認性もいいので、先打ちまきエサに合わせるのも楽だ。

この足場からは初めて釣るが、沖の潮筋はちょうど上げ潮の向きが分かれるところのようだ。投入しているポイントのあたりで左右に分かれている。右流れのラインに乗せたいのだが、流れの向きが変わりやすいのでウキの流れを見ながら攻めていく。

30cm級アタリ多発

ウキは左に流れたので、これも当たり潮の練習だと流れに合わせてラインを巻きながら流していくと、スパッとウキが入って足裏サイズ尾長(オナガ)がアタってきた。今度は右流れに入れたいので、さっきより沖に投入すると、なんとか右へ流れだした。

まきエサを流れの筋に投入し、しばらく流していくとウキが入ると同時にサオ引きとなって足裏サイズの尾長がアタってきた。やはりこちらの方が素直にアタリはでる。

同様のサイズが面白いようにアタってくるのだが、もう少しいいサイズがほしいなと思いながらやり取りを始めると、魚が釣られたことに気づいて反転したのか、魚が変わったかのように強烈な引きが返ってきた。

謎の大物の気配も

サオとレバーを握りしめて耐えるが、ドラグがヤバいくらいに滑っている。さらにドラグを少し締めてサオを絞りこむと、グワン!と、引きが弱くなった。ん?と思ったが魚はいる。30cm級のクロだったので、ぶり上げてみると腹のところが裂けて血が出ている。

前回もこの水道でイサキを釣っている時に同じことが起きたが、アラか何かがアタってきているのかもしれない。魚の様子を見て巧も気づいたようで、小ぶりのクロが掛かった後はゆっくり寄せてくるようにしてみていたが、同じアタリがでることはなかった。

次のページでサイズアップ狙い続釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。