船でのテンビンタチウオ釣りで良型好捕 脂ノリノリのドラゴン級も登場

船でのテンビンタチウオ釣りで良型好捕 脂ノリノリのドラゴン級も登場

1月22日(土)、仲間を誘って東京湾のタチウオ狙いで釣行しました。なかなか乗せるのが難しい日でしたが、脂ノリノリのドラゴンタチウオでお土産ばっちりとなった、当日の釣りの模様をリポートします。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

東京湾タチウオ狙い

1月半ばもすぎて、いよいよ寒さが本格的になってきました。海のなかもすっかり冬の様相。急な水温低下の影響なのか、しばらく状況が今ひとつだった東京湾のタチウオ。それでも、最近また釣果が上向きに。

この日、お世話になった船は天ビン、テンヤ、ジグと仕掛け自由。私は前者で挑戦。

船でのテンビンタチウオ釣りで良型好捕 脂ノリノリのドラゴン級も登場当日使用した仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

タックルは、硬めの7対3調子のライトゲームロッドに小型電動リール。フロロカーボンライン10号2mにタチウオバリ4/0を結ぶ、船宿支給のエサはコノシロの切り身。エサ持ちがよくなるように塩で締めておきます。

早速本命顔見せ

7時に出船すると、ポイントまではあっという間。船に乗ってすぐに釣りができるなんて、なんだか得した気分。船長の指示ダナは上から55~45m。下限のタナから上限までの10m間を探っていきます。

船でのテンビンタチウオ釣りで良型好捕 脂ノリノリのドラゴン級も登場船中の様子(提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

まず、いつも通りテンポよく竿先を跳ね上げる誘いを試します。でも、なかなかアタリを出せずにいると、同行者にヒット。

船でのテンビンタチウオ釣りで良型好捕 脂ノリノリのドラゴン級も登場良型を仕留めた(提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

次投の釣り方を見ると、小さな幅でフワフワ~っとさせながら、ゆっくり上げてくる誘いだったので、まねしてみたところ、50mで、モタれるような前アタリ。

ドラゴンサイズ頭に続々

この反応は、だいたいチビチビ甘噛みして、ハリ掛かりしづらいパターン。そこで、ハリを飲ませるくらいのイメージで、ゆっくりジワジワとエサを食べさせてあげます。

船でのテンビンタチウオ釣りで良型好捕 脂ノリノリのドラゴン級も登場ドラゴンサイズゲット(提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

段々とアタリが強くなってきたと同時に、シャクリを強くして、ハリ掛けに入っていきます。ズーンっと大きく竿先が入ったら、アワせて電動リールのスイッチオン。

船でのテンビンタチウオ釣りで良型好捕 脂ノリノリのドラゴン級も登場テンヤでもキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

ギューンと、魚との引っぱりあいっこ。この瞬間がたまらない~。タチウオ独特の引きと重量感を楽しみながら上げてくると、見えてきたのはキラリと光る指4本。このサイズながら、冬のは肉厚で脂ノリノリ。夏の魚とは別物ですごく美味しい。

船でのテンビンタチウオ釣りで良型好捕 脂ノリノリのドラゴン級も登場天ビン仕掛けでゲット(提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。