【熊本・大分】沖釣り最新釣果 タチウオ高活性まだまだ継続中

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 タチウオ高活性まだまだ継続中

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。タチウオ狙いでドラゴン交じりの好土産を確保。関アジ&関サバも良型が鈴なりで上がっている。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:第一Soyamaru)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

海人丸

1月16日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸(うみんちゅまる)は、タチウオ狙いで熊本沖に出船。指幅5~6本を超えるサイズも好ヒットしている。連日好調で、年中楽しめそうだ。タイラバ、テンヤでは良型マダイやアコウなども順調。今後も好土産が期待大だ。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 タチウオ高活性まだまだ継続中良型好ヒット(提供:海人丸)
▼この釣り船について
海人丸
出船場所:新川漁港

共栄丸

1月17日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、熊本沖にタチウオ釣りで出船。指幅5本サイズを超える良型も交え数釣れており、クーラー満タンの乗船者も多い。今後も好土産が期待できる。マダイは3kg級交え型揃いで釣れている。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 タチウオ高活性まだまだ継続中好土産を期待できる(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

照陽

1月16日、大分県大分市・西細港の照陽が大分沖のタチウオ釣りに出船。この日は高活性な時間帯もあり、乗船者らはドラゴン級交じりでバタバタと釣果を伸ばしクーラーを埋めている。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 タチウオ高活性まだまだ継続中ドラゴン交じりでクーラーいっぱい(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第二Soyamaru

1月16日、大分県杵築市・納屋港の第二Soyamaruが関アジ・関サバ釣りで大分沖に出船。乗船者の多くが関サバをリクエストしたため、8割方それを狙って釣りを展開すると、中大型サイズが鈴なりでヒットする場面もあり関アジ交えいい土産を確保した。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 タチウオ高活性まだまだ継続中関サバ交え鈴なりヒット(提供:第二Soyamaru)

第一Soyamaru

1月15日、大分県杵築市・納屋港の第一Soyamaruが、大分沖のタチウオ釣りに出船すると、この日は初心者が多いながらも開始からぽつぽつ良型~ドラゴン級交え好釣り。繊細なアタリをとらえていい土産を確保した。船長は「まだまだタチウオの活性が高いです!」と話しているため、今後の釣果も楽しみだ。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 タチウオ高活性まだまだ継続中ドラゴン級交え好釣り(提供:第一Soyamaru)
▼この釣り船について
Soyamaru
出船場所:納屋港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年1月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。