厳寒期のメバリングで1尾のメバルを釣る方法 巻き以外の釣り方3選

厳寒期のメバリングで1尾のメバルを釣る方法 巻き以外の釣り方3選

厳冬期のメバリングには限界というものがある。海水温的にもメバルの活性が低く、また寒すぎる気温の面から言っても、釣り人の精神に堪える。そんなメバリングの厳しい中盤戦に、たった1尾の釣果をどう獲るか?釣れてしまえばこちらのもの。定番の表層巻きセオリー以外の方法を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

最低の水温は8℃

メバルは厳冬期にもいることはいる。どこか沖にいってしまうわけではないらしい(一部の回遊性の高い個体を除いて)。おそらく漁港のスリットや岩陰に隠れているのだろう。いないはずはない。ただ、水温で露骨に反応がかわる。

メバルの活性にかかわる最低水温は8℃までと言われる。しかし、ルアーフィッシングで釣れるのは10℃前後までだ。この時期は本当に厳しい。ジグ単のアタマだけでは攻略できないので、もっと工夫しないといけない。

<井上海生/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。