オフショアジギングで人生初ヒラマサ手中に歓喜 気力体力は限界に?

オフショアジギングで人生初ヒラマサ手中に歓喜 気力体力は限界に?

冬が進むにつれ関西の日本海はシケが続き、楽しみにしていた仲間内との釣り納めも残念ながら中止となった。そして年が明けた1月9日、この日は運よく波も風もなくなんとか出船できることに。脂ノリノリの寒ブリと関西では貴重なヒラマサを狙うべく満を持して兵庫県は竹野沖へ向かった。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターY_kotake)

Y_Kotake

主に関西の湖、海のルアーフィッシングをメインに楽しんでます!最近は魚料理にもチャレンジしています!

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ヒラマサ狙いジギング

シケにより出船できない日が多い冬の日本海、ジギングの釣果においては大爆釣もあればさっぱりという日もあり、ムラっ気が多い。

今回は竹野沖のヒラマサも視野に入れポイントに近い城崎の榮嬉丸さんに乗船させて頂いた。午前8時に津居山港を出船、外海は西風がやや強く沖合にはウネリも見られた。

丹後ジャークで狙う

港から30分ほどで最初のポイントに到着、水深80~100mを左舷のドテラ流しで狙っていく。私はクジ運よくミヨシで釣らせて頂くことに。

タックルはスピニング、ベイトともにPEライン2.5号、リーダーはフロロの10号、ジグは180~250gまでを用意。アクションはボトム着底後、速巻きからのロングジャークそして細かいワンピッチを織り交ぜるいわゆる丹後ジャークだ。

開始から1時間が経過、沈黙を破ったのはトモで淀みなく丹後ジャークを続けていたベテランの上級者で、小ぶりながらも丸々に太ったハマチを釣り上げた。羨望の眼差しとともにようやく時合い突入かと気合いが入る。が、後がなかなか続かない。

メジロ登場

しばらくして200gのセミロングジグを懸命にシャクり続けた私にもようやくヒット。だが風も潮も西から東へ流れているため、ヒットした時点でラインは既に150m以上出されていた。

ただでさえ丹後ジャークでヘロヘロになった体に鞭打ちながらひたすら巻き続け、腕がパンパンになりながらもようやく1匹目をゲット。ブリにはほど遠いメジロサイズだが久々の魚はサイズ関係なく嬉しい1匹だ。

オフショアジギングで人生初ヒラマサ手中に歓喜 気力体力は限界に?1匹目のメジロ(提供:TSURINEWSライターY_kotake)

情報収集

昼休憩を兼ねた移動時間、この日既に4匹ほど釣り上げていたベテランの方からアドバイスをいただいた。最近はベイトサイズが小さく、また今日のアタリはボトム付近に集中しているとのこと。

次のページで念願のヒラマサゲット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。