【中部2022】ティップランエギング入門解説 タックル&基本の釣り方

【中部2022】ティップランエギング入門解説 タックル&基本の釣り方

水温の低下とともに沖の深場へ移動するアオリイカ。ショアから狙いにくくなる冬に効果的なのが、船から深場を狙うティップランエギングだ。今回は最近のオフショアエギングで主流になっている厳寒期のティップランについて解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 山根充伸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

真冬のティップランエギング

年の暮れに大寒波が到来し、日本列島は一気に冷え込んでしまい2022年は寒い年明けとなってしまった。海の中も同様に海水温は一気に低下し、アオリイカたちは春の産卵シーズンまで沖の安定した深場に定着するようになり、岸近くの浅場では簡単に釣れなくなってきた。

【中部2022】ティップランエギング入門解説 タックル&基本の釣り方価値ある1匹を狙ってみよう(提供:週刊つりニュース中部版 山根充伸)

ティップランエギングとは、通常のエギングのようにラインでアタリを取って掛けアワせていく釣り方と違い、繊細なロッドティップに出るアタリを目で見て掛けアワせていく釣法だ。エギの投入からラインメンディング、そしてシャクリからアワセまでが、従来のエギングとは全く別の釣法といっていいだろう。

タックル

基本的なタックルを紹介しよう。

【中部2022】ティップランエギング入門解説 タックル&基本の釣り方タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 山根充伸)

ロッド

この釣りで一番重要になるアイテムがロッドだ。通常のエギングロッドと違い、ティップが驚くほど繊細で、かつ深場で掛けた大きなイカを巻き上げられるだけのバットパワーを兼ね備えたティップラン専用ロッドを用意しよう。最近のエギング船の中には、ティップラン用のタックルをレンタルしているところもあるので、これを利用してもいいだろう。

リール

リールは2500~3000番クラスのスピニングリールが標準で、ドラグ性能のいいものをセットしよう。最近では底取りが容易で重いエギをシャクりやすく、手にかかる負担が少ないベイトタックルも人気となっている。

ライン

ラインは水深のあるポイントを攻めるので、潮受けの少ないPEラインの0.4~0.6号を150~200mほどリールに巻いておこう。

リーダー

リーダーはフロロカーボンラインの2~2.5号を1.5ヒロほど取り、強度のあるノットで結束しておく。

エギ

エギはティップラン専用のエギを、各色各サイズそろえておく。根掛かりでロストすることも考慮して、多数用意しておこう。

【中部2022】ティップランエギング入門解説 タックル&基本の釣り方ティップラン専用エギ(提供:週刊つりニュース中部版 山根充伸)

シンカー

エギの鼻先に装着するノーズ系のシンカーを各サイズ用意し、そのときの風や潮の流れ、水深などに合わせてその都度付け替えてアジャストしていく。

【中部2022】ティップランエギング入門解説 タックル&基本の釣り方ノーズ系シンカー各種(提供:週刊つりニュース中部版 山根充伸)

またこのシンカーは、ショアで使うノーマルのエギに装着することで、深い水深にも対応することができるようになる。

【中部2022】ティップランエギング入門解説 タックル&基本の釣り方ノーマルのエギにシンカー装着(提供:週刊つりニュース中部版 山根充伸)

次のページで具体的な釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。