沖のルアー釣りでマダイにハタ類で好土産 タイラバにアタリ集中

沖のルアー釣りでマダイにハタ類で好土産 タイラバにアタリ集中

1月3日の釣りは熊本・天草・牛深・魚貫(おにき)港から出ている遊漁船リップルでプラッギング→SLJ、タイラバのリレー釣りだ。浅場は反応が悪かったが、水深70mラインのタイラバで、根魚にマダイが登場した釣行をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

リップルでオフショアリレー

当日は午前6時に現場に到着し、船長へ新年のあいさつ。今回のメンバーは野口さん、宮原さん、坂口さんに私だ。すぐにタックルを準備したところで「あら?ライジャケがない……船長ライジャケ貸して下さい」。凡ミス……まさかだった。腰巻きのライジャケを着けて乗船した。

まずは八崎を周りその裏手にあるポイントからスタート。みんなでっかいトッププラグを投げ始めたが、私は2投で違う釣りに。そう、潮が利いてないのだ。

ジグヘッドでカサゴ顔見せ

このポイントは、秋に来た時はオオモンハタマンションというぐらいオオモンハタラッシュになったところだ。そこでまずは30gのジグヘッドに、ワームはダックフィンシャッド5inchを使ってキャスト。キャストしてゆっくり巻いて来るとゴッ。「ん~、アタるにはアタるけど食いが渋いな」。

次のフォールから着底でグッ。「乗ったけど~、これカサゴ(アラカブ)だな」。ファーストフィッシュはやはりカサゴだった。

ハタ系のアタリはあるがイマイチだ。ルアーが大きいのか……。今度はガンガンジグブレード40、ブレードゴールドに替えて狙うが反応なし。「気づいてない感じだな、フラッシングより波動かな?横より縦かな?」と、どんどんルアーを絞りこんでいく作業がここから始まる。

タイラバにアカハタ&アオナ

水深25mラインではアタリがないため船長と話し、一気に70mまで移動。するとタイラバをしていた宮原さんに40cmクラスのアカハタがヒット。

沖のルアー釣りでマダイにハタ類で好土産 タイラバにアタリ集中40cm級アカハタ手中(提供:週刊つりニュース中部版APC・日髙隆行)

船長が「口からタコ吐きましたよ~」と言う。「タコか~タイラバがいいかな~、でも横の動きで釣りたい」とTGベイト40で探るもアタってくるのはエソ。

沖のルアー釣りでマダイにハタ類で好土産 タイラバにアタリ集中良型アオナ連発(提供:週刊つりニュース中部版APC・日髙隆行)

タイラバ組は50cmに迫るアオナ連発だ。確実にバーチカルに分がある。タイラバタックル持ってくれば良かった……。

次のページでホウボウ&マダイも登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。