堀切海岸でサーフフラットゲーム 波打ち際をワームで狙い65cmヒラメ

堀切海岸でサーフフラットゲーム 波打ち際をワームで狙い65cmヒラメ

愛知県田原市の堀切海岸でヒラメを狙った。強風でルアーが飛ばないなか波打ち際30~50m辺りのボトムをただ巻きで狙い、ヒラメ65cmをキャッチしたので、その模様をリポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 宇佐美誠治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

堀切海岸でヒラメ釣り

12月9日、私の地元から名四国道を愛知県を横断する形で走行し、国道259号線から国道42号線を介して、愛知県田原市の堀切海岸に到着。指先がかじかむなか、午前4時に浜に入った。

この日の田原のサーフは強風でルアーが飛ばないので、波打ち際30~50m辺りをワームをメインに使ってボトムをただ巻きしながら、ランガンして探っていく。1時間ほど探っていくと、ゴンとかなり重量感のあるヒットを得た。

自己新記録65cmで満足

だが重みはあるけど動きがない。もしかしてエイかな?と思ったら、暗いなか波打ち際でバチンバチンと暴れて音を立てる。ヒラメさんの登場だ。なんとか引っ張り出したヒラメは、自己新記録となった65cmだった。

この後もメタルジグやミノー、ワーム、シンキングペンシルといろいろルアーチェンジしながらランガンするが、アタリはなし。かなりの強風で波も高くなってきたので、午前9時には納竿して撤収することにした。

堀切海岸でサーフフラットゲーム 波打ち際をワームで狙い65cmヒラメ会心の一匹は小座布団(提供:週刊つりニュース中部版 宇佐美誠治)

この日の釣果はこの1匹のみ。それでもこれまでソゲクラスは何匹も釣ったけど、生まれて初めてのヒラメサイズはちょっとうれしい小座布団サイズだった。年内最後の釣行は、とてもいい思い出になった。

<週刊つりニュース中部版 宇佐美誠治/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
堀切海岸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年1月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。