初心者にも扱い易い『延べ竿』のススメ リール竿にはない魅力を解説

初心者にも扱い易い『延べ竿』のススメ リール竿にはない魅力を解説

広範囲を狙えるリール付き竿の普及で、愛用者が少なくなっている延べ竿ですが、ならではの魅力もいっぱい詰まっています。今回はそんな延べ竿の魅力や延べ竿ならではの使い方を書いていきたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター川上克利)

川上 克利

釣りジャンル問わずに書いていきたいと思います。フレッシュウォーターからソルトウォーターまで、皆様のお役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

延べ竿(のべ竿)

皆さんは”延べ竿”を使ったことがありますか?

初心者にも扱い易い『延べ竿』のススメ リール竿にはない魅力を解説延べ竿(提供:TSURINEWSライター川上克利)

延べ竿とは、リールを装着せずに使用する釣り竿で、現在でもエサ釣りなどで使用されています。今回はそんな延べ竿の魅力や延べ竿ならではの使い方を書いていきたいと思います。

延べ竿離れが進行

近年は釣り道具の進化によって、延べ竿よりも広範囲を狙える”リール付き竿”が普及しています。また、リールも安価で高性能なものが次々とリリースされるようになりました。

初心者にも扱い易い『延べ竿』のススメ リール竿にはない魅力を解説進化するリール(提供:TSURINEWSライター川上克利)

ルアーフィッシングの人気もあり、その勢いはますます強くなり、現在ではヘラブナ釣り以外では延べ竿を見かける機会は少なくなったと感じます。

延べ竿の魅力

延べ竿の魅力はなんと言っても魚とのダイレクトなやり取りを楽しむことができる点でしょう。リール付き竿のように、魚がどこまで走っても追随してくれる機能が延べ竿にはないので、釣り人自身の腕が直接釣果に影響してきます。

また、操作が簡単で直感的に扱いやすいため、初心者でもリール付きタックルに比べてトラブルが少なく楽しむことができるのも魅力の一つです。

オススメの対象魚

延べ竿の釣りがピッタリハマる魚を紹介していきます。

フナ

最初に紹介するのはフナです。

初心者にも扱い易い『延べ竿』のススメ リール竿にはない魅力を解説フナ(提供:TSURINEWSライター川上克利)

フナは今でも延べ竿で狙うことが多いターゲットで、特に”ヘラブナ”は現在でも人気のフィッシングターゲットになっています。ヘラブナだけでなく、野生下に生息するギンブナなんかも延べ竿で手軽に狙うことができるターゲットです。

ハゼ

続いてはハゼです。

初心者にも扱い易い『延べ竿』のススメ リール竿にはない魅力を解説ハゼ(提供:TSURINEWSライター川上克利)

ハゼは浅瀬にいることが多くあまり遠くへ投げる必要のないため、延べ竿でも狙いやすいターゲットです。その手軽さからファミリーフィッシングのターゲットとしても人気があり、お子さんとの釣りでは簡単に扱える延べ竿がピッタリハマります。

リール付き竿を扱うのが苦手な方にとって、延べ竿は釣りのハードルをグッと下げてくれること間違いなしです。

オイカワ

最後に紹介する延べ竿がハマる釣りは、川での小魚釣りです。

初心者にも扱い易い『延べ竿』のススメ リール竿にはない魅力を解説オイカワ(提供:TSURINEWSライター川上克利)

一般的な小魚として、オイカワやウグイ、モツゴ、モロコなどがいます。これらの小魚は延べ竿の釣りでは好ターゲットです。簡単なウキ釣りで狙うことができる上、数釣りを楽しむこともできます。手返しのいい延べ竿であれば効率的に釣ることも可能ですので、是非とも挑戦していただきたい釣りです。

次のページで延べ竿使用の注意点を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。