磯から狙うシマアジ釣りの極意 【フカセ釣りでの攻略法を徹底解説】

磯から狙うシマアジ釣りの極意 【フカセ釣りでの攻略法を徹底解説】

冬磯で、まれに姿を見せるシマアジ。回遊魚だけに時合いが読めず、メジナ釣りのうれしいゲストとしてハリ掛かりするパターンが多い。今回は、突然現れたシマアジを効率よく釣る方法を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

磯でのシマアジ釣り

近海の磯近くにシマアジがいるのは初冬と春。いずれも水温は18~19℃くらいで、キビナゴなどの小魚が磯に接近する時期でもある。これを食べに来たシマアジが、磯の周りを回遊しながら、捕食のタイミングを計っているという。

型は25cm前後が中心で、時折30cm超がくる。「それならルアーで」と考える人も少なくないが、このサイズは意外にルアーでは釣れない。やはり、メジナ釣りの最中に「たまに釣れる」ほうが手堅いだろう。

磯から狙うシマアジ釣りの極意 【フカセ釣りでの攻略法を徹底解説】シマアジタックル例(作図:TSURINEWSライター松田正記)

フカセ釣り

釣り方はオキアミ生をエサにしたフカセ釣りでOK。視認性のいい円錐ウキを使い、まずはメジナ釣りと同じ仕掛けで2ヒロ前後のタナを攻めていく。シマアジが近くにいれば、そのうち回ってくる。

その時、円錐ウキだと棒ウキよりもイト絡みしにくいため、効率よく攻められる。

磯から狙うシマアジ釣りの極意 【フカセ釣りでの攻略法を徹底解説】円錐ウキを使う(提供:TSURINEWSライター松田正記)

足止めが重要

とは言うものの、シマアジが現れる時間帯を予測するのは難しい。おおむね満潮前後に突然回ってくるパターンが多い。

その見極めは、たくさんの小メジナが水面近くにわき、すぐ近くの海面に小さい波紋が出ればGOサイン。ヒラマサやカツオのようにナブラが立てばすぐにわかるが、見極めには慣れが必要だ。ただ、メジナにシマアジが1尾でも交じれば、まきエを多めにまいて足止めしてみよう。

磯から狙うシマアジ釣りの極意 【フカセ釣りでの攻略法を徹底解説】まきエサで足止めしよう(提供:TSURINEWSライター松田正記)

まきエサの固め打ち

その際に有効なのは固め打ち。その理由としてシマアジは、まきエサの濃いところを好むから。メジナのように、まきエから離れても食ってくることはまれなので、ここはしっかり固め打ちして狙っていこう。

チヌバリに変更

次に大事なのはハリの大きさ。シマアジは口が弱く、すっぽ抜けによるバラシが多い。そのため、グレバリよりも軸が長くて大きいハリにしたほうがバラシも減る。チヌバリの2~3号が妥当だろう。

磯から狙うシマアジ釣りの極意 【フカセ釣りでの攻略法を徹底解説】ハリはチヌバリがいい(提供:TSURINEWSライター松田正記)

アタリとやり取り

アタリはウキが斜めにじわじわと入っていくケースが多く、バリ(アイゴ)の魚信にそっくり。ここで軽くアワセを入れ、サオに乗ったら、ゆっくりとやり取りする。引きもバリによく似ていて、サオ先を小刻みにたたきながら上がってくる。

大小にかかわらずタモ入れ

シマアジが浮いたら、大小にかかわらずタモに収めよう。取り込んだ魚を見ると、唇の皮1枚の時も結構あるので、タモを入れたほうが無難。

磯から狙うシマアジ釣りの極意 【フカセ釣りでの攻略法を徹底解説】取り込みはタモで(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページで釣れない時に試すべきこととは?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。