東京湾『カヤックシーバスゲーム』で本命2ケタ釣果 好ゲストにイナダも

東京湾『カヤックシーバスゲーム』で本命2ケタ釣果 好ゲストにイナダも

今回は秋の東京湾、千葉の幕張周辺でカヤックからシーバスを狙ったエキサイティングなシーバスゲームの模様をお伝えしたい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター鮎川竜彦)

鮎川竜彦

関東近郊でカヤックからのルアーフィッシングで様々な魚種を狙う。「釣りは楽しくカッコよく」がモットー。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

青物狙いのトップゲームも

カヤックで移動していると、青物のナブラを何度も目撃する。咄嗟に初夏のキビナゴパターンを試すも何度もミスバイトとなる。夏の青物はとにかくミノーの速巻きが効く傾向にある。しかもルアーではなくトレブルフックを狙ってくる。トレブルフックがベイトのキビナゴに見えるからだろうか。

東京湾『カヤックシーバスゲーム』で本命2ケタ釣果 好ゲストにイナダもトップゲームはバイトの迫力がたまらない(提供:TSURINEWSライター鮎川竜彦)

だが、この日はあまりパターンに当たらなかったようだ。何度も見切られているうちに、ふとダイビングペンシルが頭をよぎった。ただ、相手がイナダ・ワラサなので食ってもフッキングされないだろうと諦めかけながら試す。すると、何度もバイトがありルアーを取り合っている。トップで青物に出会えた感動の瞬間だった。

最終釣果と今後の展望

最終的な釣果はシーバス10本以上、青物3本、東京湾のコノシロパターンにはまだ至っていない印象なので、晩秋にシャローエリアで再挑戦したい。

海上保安庁によると、海難事故の多くがカヤックアングラーの事故となっている。気温が下がるこの時期、エントリーの際はくれぐれも予報を気にかけ、少しでも不安ならエントリーしない勇気をもってもらいたい。

<鮎川竜彦/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。