夜のサーフシーバスゲームで65cm本命 表層引くシンペンにヒット

夜のサーフシーバスゲームで65cm本命 表層引くシンペンにヒット

福岡市の大岳サーフへシーバスナイトゲームで釣行。前回よりサイズアップ成功し、ここでのアベレージサイズを超えてくれた。満足釣果となった釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

シーバスナイトゲーム

当日は午後8時すぎの満潮からの下げ止まり、大岳サーフに入るには潮位が高くまだ早かったので、いつもの西戸崎の護岸でシーバスを狙う。

1時間ほどさまざまなルアーで探ってみるが、ショートバイトのみに終わる。やはりいても潮が動かなければ難しい。

潮位も下がってきたので、本命の大岳へと移動。

夜のサーフシーバスゲームで65cm本命 表層引くシンペンにヒットポイント広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

当日のシーバスタックル

9時すぎルアーをセットしていると、シーバスですか?と話しかけられる。どうやら堤防の先端でシーバスの回遊待ちらしく、サーフでの状況を聞いてきたので、あれこれ話をする。

夜の暗いサーフでの釣りはほかの人から見れば、ポイントの見当もつかず難しいようだ。他人に会わない、ポイントが被らないのが私のサーフ通いの理由。

ウェーダーでの歩きは、すり足のようにエイの踏み付けに注意しながら慎重に進んでいく。そっと歩くと時折魚らしき手応えが伝わり、逃げて行くのがわかる。ほとんどはフグなのだが、これがエイの尻尾だととても危険だ。

夜のサーフシーバスゲームで65cm本命 表層引くシンペンにヒット当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

ベイトのコノシロに期待大

この1週間シーバスの活性が高く秋本番なので集中して狙いたい。ルアーを引くと時折コツコツとアタる。

これは?シーバスではなくベイトの様子。かなり広範囲にいるが、ルアーを引いてくると掛かったので確認するとコノシロである。まだ早いかな?と思っていたがコノシロを襲うシーバスがいればかなり大きいので期待する。

しかし12cmミノーにバイトは遠くコノシロだけがたまにスレ掛かりするので、より表層を引くシンキングペンシルに交換。

次のページで本命65cmが登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。