マニアックすぎる深海ジギングの世界 釣趣以外の3つの魅力とは?

マニアックすぎる深海ジギングの世界 釣趣以外の3つの魅力とは?

今回は、これから深海を目指すアングラー、深海に興味のあるアングラーに贈る、深海あるあるをお届けしたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

深海ジギングの魅力

一部のマニアだけの釣りと思われている深海ジギングですが、釣りブームの浸透とタックルの進化で誰もが挑戦できるゲームフィッシングとなりつつあります。

それでもなお、深海ジギングに挑戦するには、高いハードルが存在していますが、色んな釣りを経験したアングラーが行き着く所はマグロや深海などのトップエンドの釣りが多くなるのかもしれません。

美食の釣り

深海ジギングの魅力は狙う魚の美味しさもあります。高級料亭でしか味わえない魚や魚屋さんに並ばない希少な魚を狙える深海ジギングはアングラーにとって大いに魅力的なものです。

食にこだわりが無いアングラーでも、その味わいを体験すれば、食べたいから釣りたい!と思うようになるはずです。

マニアックすぎる深海ジギングの世界 釣趣以外の3つの魅力とは?幻の魚と云われるアラもターゲット(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

私が食べた釣魚のトップランクには、深海ジギングでキャッチした魚たちが上位に入っています。南伊豆の新島沖のキンメダイを筆頭にアカムツ、アラ、アブラボウズなど食味の良さで人気の釣魚が並びます。

一般には出回り難い高級魚だけに、これらを狙って釣ることができる深海ジギングは美食の釣りといえるかもしれません。

高級魚が狙える

伊豆諸島の新島沖は高級魚のキンメダイの好漁場。3kgを超える新島キンメダイは一般には出回らない超の付く高級魚ですので、銀座の高級料亭辺りでないと食べることができないと聞きます。

マニアックすぎる深海ジギングの世界 釣趣以外の3つの魅力とは?新島沖のキンメダイ2kgオーバー(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

そんな超高級魚を食べることができるのはアングラー冥利に尽きます。こういった特別の魚は鮮魚店にも並ばないので、食べるためには釣るしか方法がありません。

次のページは「未知の魚」も釣れる?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。