釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む

秋マサシーズンを迎えた五島列島福江島にキャスティング&ジギング遠征釣行に行ってきました。釣り人の楽園での夢のような釣行模様をお届け。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

五島列島は釣り人の楽園

釣り人の楽園五島列島。筆者にとって毎年の五島遠征釣行は年間を通じての最大のイベントである。高校球児にとっての甲子園のような晴れ舞台だ。何度足を運んでも毎回楽しくてしょうがない。

今回も五島のポテンシャルに身を委ね、ヒラマサの強烈なファイトを存分に堪能した。

遊漁船MANAを利用

11月某日。筆者は釣友・寺さんとともに五島列島福江島の遊漁船MANAに乗船。同船には今年の春にも乗船し、寺さんは16kgのデカマサを、筆者も8kgの良型ヒラマサを仕留めている。

キャスティングヒラマサゲームで初日の1投目に116cm16kg【五島列島】

フィッシングガイドは一見強面なのにおしゃべり好きで気さくなギャップ萌えの山口船長。「初心者にも釣らせたい」がモットーだ。釣りを通じて山口船長と再会できるのも嬉しい。

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む利用した遊漁船MANA(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

初日は出船できず

今回2日間の乗船予定だったが、事前の情報通り初日は時化で出船できず、2日目1日だけの出船となった。たとえ1日だけでも出船できれば御の字である。

逆に、大型ヒラマサの「時化後の荒食い」を期待してわくわく感マックスだが、2日間の釣行に比べるとチャンスは半減のためややプレッシャーもかかる。

キャスティングでヒラマサ1匹目

朝6時30分ごろ、水之浦港出港。当日のコンディションは曇りでときどき晴れ間がのぞく天気。朝方、風はさほど強くないものの、波は前日のウネリがかなり残っている。この波も徐々に弱まっていく予報だ。しだいに晴れ間が多くなり、日中には少し汗ばむくらいの陽気になった。

出船から約45分で最初のポイントに到着。筆者も寺さんも100g超のダイビングペンシルをフルキャストしトップゲーム開始。船の周囲は360度見渡す限り、視界に他船の姿は一切なく、チャーターした船だけではなく五島の海も貸し切りである。五島の絶景の中で自分たちだけがルアーをキャストしている。なんとも贅沢で至福のひととき。

筆者も寺さんも喜々としてひたすらキャストとリーリングを繰り返す。何度かヒラマサのチェイスやバイトがあり胸躍るが、やすやすとは乗らない。最初にヒットに持ち込んだのは「持ってる男」寺さん。無事船長のタモに納まったのは3.5kgのヒラマサ。小型ながら幸先いい本命登場に笑顔がこぼれる。

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む釣友に1匹目のヒラマサ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

次のページでジギングに転戦

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。