釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む

秋マサシーズンを迎えた五島列島福江島にキャスティング&ジギング遠征釣行に行ってきました。釣り人の楽園での夢のような釣行模様をお届け。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ジギングへ転戦

9時を過ぎ、気が付けばキャストを続けて2時間以上が経過。少し投げ疲れてきたため、いったんジギングに変更し、キャスティング用の筋肉を休ませる。キャスティングよりはややキャッチ確率の高いジギングで、とりあえず筆者もヒラマサの顔を拝みたい。キャスティングからジギングへと釣行中に自由に変更できるのもチャーター船のよさである。

ジギングとはいっても最近流行りのSLJ(スーパーライトジギング)などではない。硬めのロッドに大型スピニングリール、PEライン4号のラインでギュンギュンにジャークを繰り返すハードスタイル。ヒラマサとの真っ向勝負を楽しむのだ。これが休憩といえるかどうかは甚だ疑問ではある。

5.2kgヒラマサ登場

メタルジグはロングタイプが基本。ジグカラーは船長と意見が一致しシルバーを投入。先発スタメンのジグは毎度おなじみの175g。

水深40m。1投目。着底。船長アナウンスのベイト反応の上層20mを意識し、30回ほど激しくワンピッチジャークを繰り返し、ジグを踊らせる。そこから再度ジグをフォールさせ底を取り、セカンドジャーク。ワンピッチで30回、バイトなく、三たびジグを落とし3回目の着底。サードジャーク開始。

何巻き目かでクンッとアタリ。乗らない。続けざまにムンッとバイト。乗った!ギューンとドラグが唸る。ロッドを立ててファーストランに耐える。やや弱めにしていたドラグが止まらない。「根に入られたら獲れん」船長が近付きドラグを締め込む。「引っ張り合いで負けたらしょうがなか」。パワーファイト。

リールが壊れたかというほど固い。腕も膝も使ってじわじわポンピング。一瞬、ヒラマサの引きが弱まった隙に距離を詰める。最後まで抵抗しながらバシャバシャと海面に浮上したのは本命ヒラマサ。筆者のファーストフィッシュは5.2kgのヒラマサ。五島ではスタンダードサイズだが筆者にとっては十分満足サイズである。

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑むヒラマサのパワーを満喫(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

斜め引きでヒラマサ追釣り

船はさらに水深30m台の浅場のポイントを流す。風と潮の加減でジグがあまり流されずほぼ垂直にフォールしてしまうので、ジグを175gから145gにウエイトダウンし、軽くアンダーキャストで斜め引き作戦。

すぐさまファーストジャーク中にヒット。「軽めにしてキャスト。正解ですねー」と船長に褒められ気分がいい。1本目よりも余裕のファイトで上がってきたのは3.4kgのヒラマサ。本命連発。

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む本命連発(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

続いてゲストタイム

その後、タイムスケジュールでもあるかのようにゲストタイムに突入。潮加減のせいか、船長の演出か、それとも竜宮城の乙姫様のおもてなしか。スマ、ハガツオ、アカヤガラなどが食べておいしいゲストが続々登場。

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑むアカヤガラ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

根魚ハンター寺さんは電動ジギングでハガツオ、スマに加えてオオモンハタ、アヤメカサゴもゲットし上機嫌。

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む釣友にオオモンハタ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

次のページで当日最大のヒラマサ登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。