今さら聞けない「ルアー釣り」のキホン 『バーブレス』フックって何?

今さら聞けない「ルアー釣り」のキホン 『バーブレス』フックって何?

魚釣りのハリ、フックには、ハリ掛かりを深くするための「かえし」がついています。かえしはルアーフィッシング用語で「バーブ」とも言います。かえしがついていないバーブレスフックについて、今回はその使いどころなどを解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

バーブレスフックとは

かえしのついていないフックのことをバーブレスフックといいます。

今さら聞けない「ルアー釣り」のキホン 『バーブレス』フックって何?豆アジ用のバーブレスフック(提供:TSURINEWSライター井上海生)

バーブと言うと、かえしのこと。それがないので、レス。「バーブレス」です。

バーブはもともと、魚に掛かって暴れると、より深く刺さるように考えられた逆棘(サカトゲ)です。もしかするとこのような残酷な道具の起源はバラの棘など自然界のものを真似ているのかもしれません。魚にとっては、恐怖でしかないような現代の釣りバリ。ルアーフィッシング界でもエサ釣り界でも、今は基本的にすべてバーブがついたハリが主流です。

なぜバーブレスなのか

では、釣りにおいて魚のキャッチ率を上げるためのバーブを、あえてつけないバーブレスフックがなぜあるのか?それは、主には二つの特殊な用途です。

競技用

バーブレスフックは、競技用に用いられることがあります。特にキスの競技用のフックが有名です。キスは非常にもろい魚でリリースしてもほとんど死んでしまうといいます。そのため大会などの競技で釣るときにもキャッチ&イートが前提で、少しでも手返しよくハリを外して次のエサを投げるためにかえしのないハリが用いられます。

今さら聞けない「ルアー釣り」のキホン 『バーブレス』フックって何?キスの競技にも使われるバーブレスフック(提供:TSURINEWSライター井上海生)

その他のゲームフィッシングでも、手返し重視の数釣りの場合はバーブレスが多いようです。エサ釣りだけの世界ではありません。

豆アジの口破れ防止

これはかなり限定的な用途というかアングラーの考え方ですが、豆アジの口破れ防止にはバーブレスがいいとも言われます。豆アジの口は、特に横部分が非常にもろく、あまり強くフッキングすると破れてしまいます。またナチュラルに食わせても、バーブが口元で暴れると口の横部分が破れ、豆アジが外れてしまいます。

豆アジというのはそれでなくても自重が軽くて浮きやすく、クルクルと回ってしまい外れやすい魚でとにかく釣りにくいのですが、かえしのないバーブレスフックで、むしろキャッチしやすくなることがあります。

以上が一般的なバーブレスフックの用途です。

次のページでちょっと変わった状況にも効果的?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。