伊藤さとしのプライムフィッシング【両グルテンの新ベラ狙い:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【両グルテンの新ベラ狙い:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「両グルテンの新ベラ狙い」。なぜ新ベラには両グルが効くのか。必要なテクニックなど、少し深く掘り下げてみよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

椎の木湖で実釣

初回は最大約2kg、総数2.5tが前日に放流された埼玉県羽生市にある椎の木湖での実釣編。

10月16日(土)に釣行。土曜日というだけあって例会組、一般客で夜明け前から事務所外に大勢の釣り人が並んだ。お目当てはもちろん、前日に放流された平均重量1枚1.1kgの新ベラだろう。

例会組、一般に続いての入場だったので、おもだったポイントはすでに埋まっていたが、2号桟橋の渡り奥(1号桟橋向き)に若干の空席を見つけたので即決。釣り座295番で、水深表示は3.7m。

伊藤さとしのプライムフィッシング【両グルテンの新ベラ狙い:第1回】タックル図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

宙か、それとも底釣りか。いずれにしても長竿がいいだろう。伊藤は飛天弓閃光L19尺竿を継ぎ、まずはバランスの底釣りで狙う。実際の水深は3本半。エサはもちろん両グルテン。

新ベラのアタリを見逃さない

放流して間もなくは底で群れをなし、しばらくすると宙に浮いて拡散する。これが新ベラ放流直後の定説とされている。椎の木湖でもこのパターンが通用するのかと、まずはオーソドックスにタナを上バリトントンからスタート。時刻は6時40分。

エサ打ち開始直後は、ジャミがチクチクしていたが数投で静かになり、いよいよ本命が寄りはじめた。ただしアタリを待つリズムでは寄りが遅くなるので、伊藤は自分のペースを保ちつつ、ナジんで少しでも返したらエサを切る。

そこからアタってくるかもしれないのに、なぜすぐ打ち返すのですか?

伊藤 さとし

「相手が新ベラなら、その前から触ってアタってくる。触りっぽい戻しでもないから、打ち返しているんだよ」

 

7時14分、ナジミ際にチッと落として初ヒットしたが、釣れたのは旧ベラ。次は教科書アタリでこれも旧ベラ。

伊藤 さとし

「まだ寄ってないようだね。新ベラなら、もう少し曖昧なアタリが出てもいいはずだから」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【両グルテンの新ベラ狙い:第1回】椎の木湖概況(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

たしかに、この2枚はどれも力強くハッキリしたアタリだった。そういうアタリは取らないほうがいい?

伊藤 さとし

「そうは言ってないよ。アタってアワせない釣り人なんていないから(笑)。ただハッキリしたアタリばかり狙っていると、新ベラのアタリを見逃す可能性がある」

 

7時半すぎ、ナジんですぐのチッに反応すると、それまでとは明らかに異質の引きで竿が曲がった。左右に突っ走る動きは、間違いなく新ベラだ。

伊藤 さとし

「ようやく来たね。サイズは800gちょいってとこかな」

 

自動検量器で測ると850g。放流された中では最小クラスが口を使ってくれたようだ。

伊藤 さとし

「もっと大きいのがいるはずだから、それをゲットしたいね」

 

それは誰しもが思うことだが、狙ってできることでもない。淡々とエサ打ちを続けて、アタリを出して乗せる。その繰り返しの中から、はじめて大型新ベラが交じってくるのだ。

次のページで新ベラフィーバーなるか?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。