今季初のティップランエギングで400g頭にリリース含めアオリイカ10尾

今季初のティップランエギングで400g頭にリリース含めアオリイカ10尾

佐賀県唐津市・東唐津港のWingarを利用して、今季初の待ちに待ったティップランエギングに行ってきた。当日の釣果は、アオリイカ300~400g主体に、全員安打でとなった釣行をレポートする。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでティップランエギング

10月上旬、中潮。午前6時出船、ドキドキワクワクだ。毎年ながらシーズン始めは3号メイン、予報では風がやや吹くようだった。薗田船長によると、前日は潮が動かず無風状態でキャスティングティップランがメインになったそうだ。

満潮は午前7時54分。ポイントの呼子沖まで約30分で到着、潮止まりまで1時間ほどある。とりあえず、活性の高い個体を狙ってエギ王TRサーチ(ラトルタイプ)を投入。NEWロッド、バトルウィップTR63/Nの操作性を確認しつつ、アオリイカの初バイトを待った。

今季初のティップランエギングで400g頭にリリース含めアオリイカ10尾ティップランエギングタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

今季初はアオリ300g

早速、トモ(船尾)の同船者にヒットしたがリリースサイズ。しかし、その後は同サイズを連続ヒットさせていた。エギは、キャスト喰わせを使っているようだったので、この日はパタパタDAYかなと思った。私がいるミヨシはアタリなし。エギをキャスト喰わせにチェンジした。

7時32分、待望のファーストバイト。手元にコツンと伝わってきたので、すかさずアワセを入れた。久々のイカの引き味はやっぱり最高。海中から姿を見せたのは300gくらいのオスの個体だった。ホッとひと安心。

エギカラーが合って5連続ヒット

しばらく釣ったが、誰にもアタらずポイント移動。日が完全に昇ってからは、エギのカラーはケイムラ系を中心に使う。時計は8時を回り、下げ潮に入って潮が動きだすことを願いエギを投入。船中ではぽつぽつと釣れるが風も落ちてきた。エギのウェイトも小まめに調整する。船長も風がありそうなポイントを求め、ラン&ガンを繰り返してくれる。

10時ごろ、風も微妙になりエギ王TRサーチ(オレピンケイムラ)でシンカーは装着せず、キャスティングティップランで攻めると、レギュラーサイズがヒット。カンナへの掛かり方から、カラーが合っているように思えた。ここからパターンにハマり5連続ヒットし、小型ながら楽しめた。

全員安打でアオリ快釣

11時40分、少し風が出てきたのでシンカーを装着。カラーは、ノンラトルのミステリーパープル。着底後、3回巻きジャクり3秒ステイさせていると、コツンと手元に伝わるバイト。この日一番の重量感。上がってきたのは400gでオスの個体だった。

今季初のティップランエギングで400g頭にリリース含めアオリイカ10尾ビッグワンの400gを手に(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

そして、納竿時間の午後0時30分を迎えた。船中では、もちろん全員安打。私はリリースを含め10尾キャッチ。そして、NEWロッドのスミ付けも無事に完了。

10~11月、アタリも分かりやすくティップランエギングを始めてみたいアングラーは、ぜひともチャレンジしてみてはいかがだろうか。イカと喋れる薗田船長が優しくレクチャーしてくれる。

<週刊つりニュース西部版APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar
出船場所:唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。