「筏」ソルトゲームで楽釣 エギングでアオリにジグサビキでオオモンハタ

「筏」ソルトゲームで楽釣 エギングでアオリにジグサビキでオオモンハタ

三重県・南伊勢町迫間浦にある日乃出屋のイカダで、ハイシーズンのエギングを中心に、ソルトゲームを楽しんできた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

日乃出屋でイカダエギング

現地に到着したのは、午前5時ごろ。早速準備をしていると船長が現れて、あいさつをした後、午前5時30分にイカダに向けて出船した。

「筏」ソルトゲームで楽釣 エギングでアオリにジグサビキでオオモンハタタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

まずは朝の時合いはじっくりエギングでアオリイカを狙う。エギはダートマックス3号を中心に2.5号を用意した。

まずは300g本命キャッチ

比較的湾口に近いイカダに渡してもらい、すぐにスタートする。まずは1匹と思い2.5号のエギを、岬状になった岸際に向けてフルキャスト。底まで沈めたら2段シャクリを入れて、フォール中のアタリに集中する。しかし反応はない。

より底を取りやすくするために、エギを3号にチェンジ。キャストラインを微妙に変えながら、じっくり丁寧に探っていく。するとカーブフォール中にティップを押さえ込むアタリがあり、300gほどのアオリイカをキャッチした。

「筏」ソルトゲームで楽釣 エギングでアオリにジグサビキでオオモンハタファーストヒットは300g強のメス(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

500g超え良型ゲット

まずは幸先の良いスタートにホッとひと息。続けて狙うと、底付近で何かが触る感じがあった。アワせると先ほどより重量感があり、時折ドラグが滑る。独特のジェット噴射を存分に味わい、ネットに収めたのは、500gオーバーのナイスなアオリイカだ。サイズアップ成功で思わず笑顔がこぼれる。

「筏」ソルトゲームで楽釣 エギングでアオリにジグサビキでオオモンハタ500g超え登場(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

さらなるサイズアップに期待が膨らむが、予報に反してバケツをひっくり返したような強烈な豪雨に見舞われた。風も吹いてラインがあおられ、一気に釣りにくい状況になってしまった。

耐えながら根気よく探っていると、向かい風一辺倒から追い風に変わった。すぐ立ち位置を少し変えてエギを風と同調させてキャストし、なるべくイトフケを出さないようにして探ると、カーブフォール中にモワッとした分かりづらい感覚が。すかさずアワせるとフッキングが決まり、300g級のアオリイカを抜き上げた。

ジグサビキでオオモンハタ

その後コウイカを追加した後、ぱったり反応が途絶えてしまったので、気分転換にジグサビキタックルにチェンジ。パワーイソメソフト中の桜イソメカラーをフックに付け、着底後にリフト&フォールで探る。するとすぐにアタリがあり、小型のオオモンハタがヒット。

「筏」ソルトゲームで楽釣 エギングでアオリにジグサビキでオオモンハタオオモンハタキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

さらに時折水面で青物らしきボイルが起きるので、ヘビーシンキングミノーの速巻きで狙ってみる。ボイル周辺にキャストし、浅いレンジを速巻きからのジャーキングで探ると、ドンッと手元に衝撃。だがこれはフックアップせず。

次のページでアオリ&ゲスト多数追加で大満足!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。