サワラキャスティングゲームで船中6匹 海面直下の速巻きにズドン

サワラキャスティングゲームで船中6匹 海面直下の速巻きにズドン

伊勢湾内で大人気のサワラキャスティングゲーム。大型が接岸してきているとあって、期待感MAXの状況だ。そこで10月6日、三重県津市の津港出船の遊漁船にお世話になった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

サワラキャスティング

津市内ということもあり、アクセスも非常に良く、のんびりと午前中に仕事を済ませ、午後2時からの午後便に乗船した。

早速タックルを準備する。キャスティングメインの乗合船ということもあり、ロッドは取り回しのいいボートシーバス用の7ftを選択。リールは大型の魚が想定されるため、ライトショアジギングなどで使用する中型のスピニングリールにPEライン1.2号を200mほど巻き込み、リーダーはフロロカーボンラインの7号を摩擦系ノットで結束。

またサワラはラインを一瞬で切ってしまうほどの鋭い歯が特徴のため、ルアーとの結束部を2cm程度編込むことで、サワラカッターと呼ばれるラインブレイク対策を講じることとした。また、ルアーはサワラ用や大型シーバス用のミノープラグが中心となる。

サワラキャスティングゲームで船中6匹 海面直下の速巻きにズドン筆者のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

船中1匹目は80cm

開始から1時間ほどが経過。船中最初のヒットは釣具店に勤務する田中さんだった。

ルアーをキャスト後は、着水と同時にロッドのティップでラインを弾くようにアクションを加え、ギラギラとルアーのキラめきで魚にアピールしたとのことであった。

ロッドは大きく曲がり、船長のタモ入れで無事ネットイン。80cmクラスの立派なサワラであった。

サワラキャスティングゲームで船中6匹 海面直下の速巻きにズドン田中さんぶっといサワラゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

速巻きで海面直下狙い83cm

船上は田中さんのキャッチで一気に活気づき、私にもその時は訪れた。

35gのミノープラグをフルキャスト。着水後はリールを速巻きし、海面直下でルアーを泳がせることを意識する。また、後方から追ってきたサワラに対し、食わせのチャンスを与えるためバシッバシッとアクションを入れたその瞬間、海面が電光石火のごとくズバッと切り裂かれた。

すさまじいスピード感と重量感が手元へと伝わり、大型のサワラであることを確信。スリリングなパワーファイトは、船べりに寄せてからも2度、3度と猛ダッシュを繰り返す。

そして慎重なファイトでキャッチしたのは83cmの良型。うれしい1匹となった。

サワラキャスティングゲームで船中6匹 海面直下の速巻きにズドン計測の結果サワラは83cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。